住信SBIネット銀行の住宅ローン

のおすすめプラン

現在

おすすめ金利プラン

金利タイプ 固定期間 適用金利

住宅本舗がをオススメするポイント

★団信・全疾病保障の保険料が無料!
★一部繰上返済手数料が無料!
★女性の方には保険料無料で「ガン診断給付金保障」付!

事務手数料 保証料 保証会社手数料 インターネット繰上返済手数料 団体信用生命保険料 契約時来店

表は左右にスクロールできます。

住信SBIネット銀行の住宅ローン金利一覧(新規借り入れ)

ネット専用8疾病保障付住宅ローン<通期引下げプラン>(諸費用含まず)

ネット専用8疾病保障付住宅ローン<当初引下げプラン>(諸費用含まず)

住信SBIネット銀行の住宅ローン金利一覧(借り換え)

ネット専用8疾病保障付住宅ローン<通期引下げプラン>(諸費用含まず)

ネット専用8疾病保障付住宅ローン<当初引下げプラン>(諸費用含まず)

住信SBIネット銀行の住宅ローン借入条件

ネット専用8疾病保障付住宅ローン<通期引下げプラン>

ネット専用8疾病保障付住宅ローン<当初引下げプラン>

住信SBIネット銀行の住宅ローン商品概要

ネット専用8疾病保障付住宅ローン<通期引下げプラン>

ネット専用8疾病保障付住宅ローン<当初引下げプラン>

住信SBIネット銀行の住宅ローン借り入れの特徴

まず住信SBIネット銀行のネット専用住宅ローンは、ネット上のみで展開する銀行であることから申し込みから融資実行までネット又は郵送で全て完結できる手続の簡便さはもとより、実店舗を構えない故に利用者に還元した殊に3つの大きな特徴があります。

まず1つ目には、団体信用生命保険及び全疾病保障の保険料が無料となっており、団信保険料は銀行が負担し、利用者に追加負担がなく、また全疾病保障では基本付帯として借り入れできます。
2つ目には、一部繰上返済手数料が無料で、一部繰上返済は1円からでも可能である他、手数料は何度行っても無料です。
また3つ目に、女性の方には保険料無料のガン診断給付金保障付きで、つまり女性利用者では通常の全疾病保障に加えガン診断給付金特約が基本付帯しています。

住信SBIネット銀行の住宅ローン借り入れ条件

  • 仮審査申し込み時に満20歳以上、借り入れ時に65歳以下で、最終返済時の年齢が満80歳未満であること
  • 安定かつ継続した収入があること
  • 三井住友信託銀行指定の団体信用生命保険に加入が認められること
  • 国内にお住まいの方が挙げられています。

夫婦又は親子で申し込む場合には、原則としてそれぞれローンを分けての借り入れ若しくは1人を連帯保証人として申し込むことができます。但し、この場合には物件を共有し同居されることが必要となり、また連帯債務型では申し込みことができません。そして、外国人の方は、以上4つに加え日本で永住許可を取得していることが条件となります。

住信SBIネット銀行の住宅ローン借り入れ時の必要書類

住信SBIネット銀行の住宅ローン借り入れ時の必要書類に関しては、金銭消費貸借契約自体は三井住友信託銀行と締結しますが、住信SBIネット銀行では各種手続を扱い、契約時にはこちらから必要書類が郵送されます。

そして、これには契約書と変動金利リスク等に関する説明書、契約内容確認書の3つがあり、それぞれに署名・捺印が必要である他、銀行指定の司法書士との面談時には、不動産抵当権設定書と委任状にも記入を要します。

また、契約者各自で用意する書類として、借主印鑑証明書と連帯保証人がいる場合には連帯保証人印鑑証明書、また担保提供者がある場合には担保提供者印鑑証明書が必要で、いずれも借り入れ日より3ヵ月以内に発行されたものであることを要します。加えて、住民票が必要となる場合もあります。

住信SBIネット銀行住宅ローン仮審査から本審査、融資実行までの流れ

住信SBIネット銀行住宅ローンの審査の流れと期間は、商品自体は三井住友信託銀行のものであり、そのネット専用住宅ローンを住信SBIネット銀行が銀行代理業者として販売することから特徴はあるものの、ネット銀行ならではの特質を活かして迅速な対応が行われています。

そこで、仮審査から本審査、契約そして融資実行までの流れでは、通常仮審査は申し込み日当日から3営業日以内に審査結果の連絡があり、仮審査を通過した場合はその連絡より2営業日以内に必要書類が郵送されます。そして、三井住友信託銀行による正式審査へと申し込み、審査終了後2営業日以内に住信SBIネット銀行より結果連絡があります。この本審査も通過した場合には住信SBIネット銀行webサイトへログインして契約手続依頼をし、借り入れ希望日決定の上、契約内容確認や担当者登録など各項目ごとの所定期限までに手続を行い、銀行指定の司法書士から登記書類の確認が取れ次第融資実行の手続が開始されます。

住信SBIネット銀行住宅ローンのおおよその審査期間

住信SBIネット銀行住宅ローンの審査期間に関しては、審査機関が三井住友信託銀行、受付及び手続機関が住信SBIネット銀行と分かれることから、申し込み内容や年末年始などの申し込み時期により時間を要する場合もあります。
もっとも、そのおおよその期間については、仮審査は通常数時間から数日で終了の連絡をするとしています。

また、正式審査は必要書類が全て住信SBIネット銀行に到着した後、通常1週間から10日程度で審査終了のお知らせすると示されています。
また、これら仮審査及び正式審査終了の連絡は、何れもEメールにて行われており、既に住信SBIネット銀行に口座がある方は、銀行webサイトへログイン後、そのメッセージボックスでも確認できます。

住信SBIネット銀行は融資実行まで借り入れ45日以上、借り換え30日以上

住信SBIネット銀行住宅ローンの融資実行では、物件を購入・建築して借り入れする場合と借り換えの場合とでその所要期間が異なります。
これは、融資実行手続の開始が銀行指定の司法書士より登記書類の確認が取れ次第とすることにより、この前段階である契約手続依頼に於いて、特に借り入れ希望日の設定条件が違うことに起因します。

具体的に、物件を購入・建築して借り入れる場合は、物件の引き渡し日が借り入れ日となる為、借り入れ希望日は抵当権設定が可能な状態であることが前提となっており、不動産会社への確認等を要することから実行までには目安として通常45日以上の余裕が必要です。

一方、借り換えの場合には、借り入れ日と借り換える住宅ローンの完済日が同日となる為、その取扱金融機関の担当者に完済の連絡・確認等の時間を要し、通常30日以上の期間が必要となります。

住信SBIネット銀行住宅ローン借り入れ時に必要な諸費用

住信SBIネット銀行住宅ローンの諸費用・手数料に関してですが、まず住宅ローン借り入れ時に必要な手数料は、証明書発行手数料(融資内諾証明書)が864円(税込み、以下同様)1通ごとに必要となります。

また、事務取り扱い手数料として融資額の2%に相当する金額に消費税額を加算した金額が掛かりますが、これは直接融資金額から差し引かれます。但し、これには印紙代や登記費用および火災保険料の諸費用は含まれていません。別途必要となります。
なお、こちらに記載した手数料は、全て地方消費税額も含む消費税額込みで表示されており、また実際の支払い金額は各手続き日時点の適用税率により算出される為、表示額とは異なる場合がある点、留意が必要です。

住信SBIネット銀行住宅ローン借り入れ後・繰り上げ返済などの手数料

住信SBIネット銀行住宅ローンの借り入れ後、繰り上げ返済などの手数料については、変動金利期間中の一部又は全額の繰上返済手数料は無料、固定金利特約期間中の一部繰上返済手数料は無料である一方で、全額は32,400円の手数料が必要となります。
もっとも、ミックスローン利用中の方は契約ごと、ペアローン利用中の方はペアとなる利用者ごとに各手数料が掛かりますので注意が必要です。
この他に証明書発行手数料として、住宅借り入れ金等に係る借り入れ金の年末残高証明書は再発行を含め無料となっており、残高証明書と利息証明書にはそれぞれ864円が必要です。但し、この手数料に関しても繰り上げ返済と同様に、ミックスローン利用中は契約ごと、ペアローン利用中は契約者ごとに支払いを要します。

住信SBIネット銀行住宅ローン条件変更に関わる手数料

住信SBIネット銀行住宅ローンの条件変更に関わる手数料は、まず金利タイプの変更手数料について、変動金利タイプ利用時からの金利タイプの変更及び固定金利特約期間終了時の金利タイプ変更のいずれも無料となっています。
また、条件変更手数料は事務取り扱い手数料として5,400円が掛かり、この場合も他の手数料と同じくミックスローンは契約ごと、ペアローンは契約者ごとに手数料の支払いを要します。

そして、以上各手数料の他に住信SBIネット銀行住宅ローンの諸費用には、印紙税があり、その相当分を金銭賃貸借契約書(ローン契約書)に貼付する印紙代が必要となります。また、登記関係として登録免許税および司法書士への報酬や登記に係る実費、あと火災保険料は利用者ごとで契約する保険会社へ確認を要します。

住信SBIネット銀行住宅ローンの担保・保証・保険について

ネット専業の銀行である住信SBIネット銀行は2007年の設立以来幅広い金融サービスを提供しています。
もちろん、一般的な預金サービスに加えて、住宅ローンの提供も行っており、住宅ローンの契約もネットで完結させることが出来ます。なお、団体信用生命保険の加入も行える事ができ、その保険料は銀行側が負担してくれるので、無料で保険に加入することが出来る様になっています。
目に見えてわかりやすい金利に関しては気にする方が多いですが、この団体生命保険に関しては気にかけないという方も少なくありません。この住信SBIネット銀行の様に保険料が無料という事はトータルコストを考える上でも非常にメリットが高い条件となっています。

住信SBIネット銀行住宅ローンは無料で8疾病保障を基本付帯

住信SBIネット銀行の住宅ローンの特徴ともいえるのが保障の充実度合です。
住信SBIネット銀行では8大疾病保険を基本付帯として住宅ローンの借り入れを行う事が出来る様になっています。
この8大疾病保険とはがん、急性心筋梗塞、脳卒中の3つの特定疾病、高血圧症、糖尿病、慢性腎不全、肝硬変、慢性膵炎の5つの重度慢性疾患にかかってしまい就業不能に陥った場合、一定の条件を満たせばローン残高を銀行側が保証してくれるというものです。
万が一、働けなくなっても購入した家を手放すことなく、手元に残しておく事が出来るので安心感がある条件といえます。追加負担なく加入が出来るので、なるべくコストを抑えたいという家庭に最適と言えます。

住信SBIネット銀行住宅ローンはガン診断給付金保障が女性無料

住信SBIネット銀行の住宅ローンは8大疾病保険の基本付帯に加えて、女性に嬉しい保証も用意されています。

その女性にも嬉しい保証というのが、ガン診断給付金保証です。このガン診断給付金保証とは責任開始日から3か月が経過した翌日以降に生まれて初めてガンと診断された場合、診断給付金として30万円が支払われます。
なお、8大疾病保険同様、加入者側に金銭的な負担はなく、無料で付帯されているので安心です。

8大疾病保険と合わせての基本付帯となるので、かなり手厚い保証となっています。この住信SBIネット銀行の住宅ローンの様に女性に限定した特典を設けている金融機関はあまり多くないので、検討しているという方で女性の方は必見の保証内容となっています。

住信SBIネット銀行のクチコミ・評判

住信SBI 調査結果

【質問】
住信SBIネット銀行の住宅ローンについて受ける印象を選択してください。

【回答数】
あまり聞かない:33
金利が低そう:32
人気がある(有名):16
対応が悪そう:7
対応が良さそう:6
金利が高そう:6

・あまり聞いたことがないのですが調べてみると有名で伸び盛りのネットバンキングでした人気がでそうですね。(50代/男性/会社員)

・ネット銀行はあまり広告も出てないし、実店舗の方が安心できそうで調べることもなく見かけたことがない。(20代/男性/学生)

・住銀SBIネット銀行に口座は持っていますが、住宅ローンを扱っているとは知りませんでした。(50代/女性/専業主婦)

・利用していて便利なことが多いから。利用者にとってお得な情報もよく出している印象があるから。(40代/女性/会社員)

・この銀行の口座を 持っているのですが、金利が他と比べて安いなと言う印象があります。(40代/女性/専業主婦)

・色々な雑誌などで金利が安く人気があるという記事を何回も目にしているから。(20代/女性/専業主婦)

・住宅ローンの関係する仕事をしているのだが、最近多くなった気がするから。(40代/男性/会社員)

・ネット系銀行では低金利で人気ナンバーワンで、非常に人気の高いローン。(40代/男性/会社員)

住信SBIネット銀行 関連記事