住宅ローンの分割実行(分割融資)とは?

人生の大きな買い物にマイホームをあげる人が多いと思います。
その土地でこれから何十年と住んでいくためにより良いものをと悩まれることでしょう。
今回は住宅ローンの分割実行(分割融資)について説明していきたいと思います。

マイホーム購入の流れ

住宅本舗 編集部

住宅本舗 編集部

日本で唯一複数の金融機関に一括で住宅ローンの審査申し込みができる特許を持っている“住宅本舗”が、住宅ローンをはじめとした住宅購入に役立つ情報や世の中の人の傾向をコラム・アンケート記事配信していきます。
また住宅本舗では、住宅ローンの一括審査申し込み以外にも、ファイナンシャル・プランナーによるライフプラン相談サービス、火災保険一括見積もりサービス、また、住宅本舗からの様々な情報をお知らせするメールマガジンもございます。そちらもぜひ合わせてご利用ください。

住宅本舗は1回で最大6銀行まで一括仮審査申込
最大6銀行に住宅ローン一括仮審査申し込み!住宅本舗は約60銀行から一括比較!

住宅ローンの分割実行(分割融資)とは?

分割実行(分割融資)という言葉を聞いた事があるでしょうか?マイホームを買うため住宅ローンについていろいろ勉強した、という方も多いと思いますが、意外と間違った知識を持っている方もいます。

土地を買って、注文住宅を建てるときにお金を払うタイミングというのがあります。土地購入時の手付金、土地の決済時、建物の着工時、建物の建築中(上棟時など)、建物完成後の決済時と支払うポイントは複数あり、分割実行(分割融資)はその支払いに分割で融資してもらうのです。

メリットは住宅ローンの一部として借りることになるので、金利が低くすむということがあります。デメリットとしては、融資の段階で抵当権を設定する必要があり、登記費用が高くなってしまうことです。

◆参考記事:
注文住宅の中間金

住宅ローンのつなぎ融資と分割融資の違い

分割実行(分割融資)の説明でつなぎ融資と同じではないかと思われたかもしれません。簡単に違いを説明しますと、つなぎ融資は住宅ローンとは別に土地購入などの支払いのお金を借りるため、金利は高くなります。メリットは担保が必要ないということと、銀行以外からでも借りることが出来るということです。

分割実行(分割融資)は住宅ローンの一部として借りるため金利が安い、でも抵当権が必要で登記費用などお金がかかることがある、という違いがあります。

どちらにもメリット、デメリットはあり、大筋は上記の通りですが、銀行によって設定されている条件が違います。詳細は融資を受けようと考えている銀行で確認をした方が良いでしょう。

住宅ローンのつなぎ融資と分割融資の比較・メリット・デメリット

どちらが良いかとは一概に言うことは出来ませんが、住宅ローンを組むことはかなりの決断を必要とします。簡単には決められないでしょうし、納得のいくまで話を聞く必要があると思います。

前述でまだあげていないメリット、デメリットとしては、つなぎ融資には担保が必要ありませんが事務手数料や団体信用生命保険といったものに入る必要が出てくることがあります。

分割融資は融資回数に制限がついていることもあり、融資回数以上の支払いがきた場合自分で用意するか、別で借りるなどの対策が必要になってきます。

融資出来る出来ないは最終的に銀行の判断になりますし、税務関係は税務署の判断が必要です。ですのでご自身が借りる予定にしている銀行等で詳しい説明を受けましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加