住宅ローンの情報収集!ネットの比較ランキング信じてる?

住宅ローンを利用したい人にとっても比較ランキングサイトは気になる情報源ではないでしょうか。一つのサイトで各社の金利や特徴を知ることができるので、どれが自分にとって適切なのか知る手がかりになりますよね。そのような比較ランキングサイトですが、多くの人はどこまで信頼しているものなのでしょうか。
そこで金融機関の住宅ローン比較ランキングを、どう受けとめているのか、アンケートを取って調べてみました。

マイホーム購入費用の基礎知識

住宅本舗 編集部

住宅本舗 編集部

日本で唯一複数の金融機関に一括で住宅ローンの審査申し込みができる特許を持っている“住宅本舗”が、住宅ローンをはじめとした住宅購入に役立つ情報や世の中の人の傾向をコラム・アンケート記事配信していきます。
また住宅本舗では、住宅ローンの一括審査申し込み以外にも、ファイナンシャル・プランナーによるライフプラン相談サービス、火災保険一括見積もりサービス、また、住宅本舗からの様々な情報をお知らせするメールマガジンもございます。そちらもぜひ合わせてご利用ください。

住宅本舗は1回で最大6銀行まで一括仮審査申込
最大6銀行に住宅ローン一括仮審査申し込み!住宅本舗は約60銀行から一括比較!

【質問】
Webで見つけた住宅ローンの各金融機関の比較ランキング、あなたは信じますか?

【回答数】
信じる:7
少し影響される:74
信じない:19

結構影響力あり!少し影響を受ける人が7割以上!!

アンケートの結果、「少し影響される」と回答した人が74%で一番多い結果となりました。

・参考程度にして、実際に自分で足を運んだりして何社か話を聞きに行く。(20代/女性/専業主婦)

・やっぱり、いろいろな意見を知りたいし、各金融機関の金利状況を調べてから、商談に行きたいから。(40代/女性/パートアルバイト)

・人によって住宅ローンも違ってくると思うので、信じるというよりも参考程度に見ておくと思います。(30代/女性/パートアルバイト)

・今はそういったサイトが沢山ありますが、全てが嘘ではないと思うので少しは信じます。(30代/女性/会社員)

・一つの情報網として、ネットにも頼りたいので、少し参考にしているため。(20代/女性/パートアルバイト)

比較ランキングの情報を参考にするという声が多く、各金融機関の住宅ローンの特徴など傾向を知るための手がかりにしている様子がうかがわれました。実際に住宅ローンを利用する場合、金融機関に直接出向いて話を聞きに行くという人も多いようで、予備知識としてネットで情報収集しているようです。
住宅ローンを利用することは今後の生活に大きな影響があることなので、一つの情報だけでは不安でしょうから慎重にならざるを得ないのかもしれませんね。

2割の人はネットの情報を信じていない!信じる人は少数派!

アンケートの結果、次に多かったのが「信じない」と回答して人で19%となりました。「信じる」と回答した人は7%と少数派になっています。

・ネットにある情報など、どこかの企業などが宣伝のために書いてる記事の場合がほとんどだと思っているので信じない。(50代/女性/専業主婦)

・あくまで、一般例であって取引状況によって優遇金利があったり、勤め先によって保証料の免除が受けられたりするので、公表されている金利だけでどちらがお得かはわからないから。(30代/女性/専業主婦)

・数字がちゃんと入って理由も納得のいくものであれば参考にしたいと思うから(30代/女性/会社員)

・信じます、というかリンク貼っているので、嘘ついてもバレバレですね。(30代/男性/会社員)

信じないと回答した人では、ネットの情報は企業などの思惑で書かれた記事がほとんどだからという声も多く、住宅ローンの比較ランキングサイトだけでなく全般的に信じていない傾向があるようです。
また、比較ランキングに載っているのは一般的な例であって、詳細での比較が出来ないという人もいて、個別の条件に照らして金融機関に相談しないと分からないと考えている様子もうかがえました。

信じていると答えた人では、ローン利率など数値に納得の行くものであれば参考にする人が多いようで、比較ランキングの情報を重要視している様子がうかがえました。

比較ランキング情報も貴重な情報の一つとして捉えることの大切さ

今回のアンケートでは、各金融機関の比較ランキングの情報に対して、「少し影響される」という人が7割以上いることが分かる結果となりました。ネットでの比較ランキングの情報も参考にして、住宅ローンをどう利用するか考えている様子がうかがわれました。

「信じない」と回答した人が2割、あるいは「信じる」と答えた人も少数いましたが、一つの情報にこだわり決めつけることなく、より広く情報を集め総合的に判断することが大切なのかもしれませんね。

■調査地域:全国
■調査対象:年齢不問・男女
■調査期間:2015年04月23日~2015年05月07日
■有効回答数:100サンプル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加