頭金なしで住宅ローンを組むにはリスクがある

住宅ローンを組む時に、頭金を用意せずにフルローンで組もうと考える人が若い世代を中心にいます。
しかし頭金があるとないとでは結果的に家の購入に支払う総額に大きな差が出てきます。頭金なしではどれくらい差が出てくるのかご説明致します。

マイホーム購入費用の基礎知識

住宅本舗 編集部

住宅本舗 編集部

日本で唯一複数の金融機関に一括で住宅ローンの審査申し込みができる特許を持っている“住宅本舗”が、住宅ローンをはじめとした住宅購入に役立つ情報や世の中の人の傾向をコラム・アンケート記事配信していきます。
また住宅本舗では、住宅ローンの一括審査申し込み以外にも、ファイナンシャル・プランナーによるライフプラン相談サービス、火災保険一括見積もりサービス、また、住宅本舗からの様々な情報をお知らせするメールマガジンもございます。そちらもぜひ合わせてご利用ください。

住宅本舗は1回で最大6銀行まで一括仮審査申込
最大6銀行に住宅ローン一括仮審査申し込み!住宅本舗は約60銀行から一括比較!

頭金なしで住宅ローンを組むとはどういう状態?

住宅ローンの頭金とは住宅の購入時にすぐに支払えるお金です。
いわば頭金が多いほど借金をする必要がありません。例えば4,000万円の物件を購入する時に、1,000万円の頭金があれば住宅ローンから調達する金額は3,000万円ですが、頭金が全く無い場合は4,000万円全てを住宅ローンによって調達しなければいけません。この差は長期でみた際に非常に大きな差になります。

住宅ローンを組むことは多くの人が行うので抵抗感は薄いという人が多いでしょうが、多額の借金を背負うことには変わらないので、住宅ローンは慎重に検討する必要があります。極力借金を減らすためにも頭金を用意するようにしましょう。

頭金なしで住宅ローンを組む際のリスク

頭金なしで住宅ローンを組むとなると支払う利息の額が増えます。3,000万円を35年ローンで返済するのと、4,000万円を35年ローンで返済する時に金利を1.5%で計算してみましょう。

それぞれどれくらい利息がつくかというと、3,000万円に対しては約850万円ですが、4,000万円の借入時は約1,150万円にもなります。300万円の差という非常に大きな利息を支払う必要が出てくるのです。また4,000万円を同条件で住宅ローンを返済していくと毎月12万円以上を返済していかなければいけません。もちろん住宅ローンが支払えなくなると住宅を手放すことになるので、毎月の返済額も加味して住宅ローンを組む必要があります。

住宅ローンの頭金はどのぐらいあると安心?

住宅ローンを頭金なしで組むことのリスクやデメリットはお伝えした通りです。理想として住宅ローンの頭金はどれくらい用意できていれば心強いのでしょうか。

まず銀行など一部の金融機関やローン会社の規定の中で住宅資金の全て住宅ローンでまかなうことが不可能な場合が多くあります。一般的に最低でも20%は自己資金を前もって用意しておくことが理想的です。自己資金の割合は、基本的には25%以上、理想は30%といったこところでしょう。

住宅の購入時には物件の金額以外にも手数料や登記などの諸経費、引越し代、不動産取得税、家具の購入などの出費も伴います。4,000万円の新築物件を買うならば頭金で1,000万円、その他の諸経費で300万円は用意しておきたい水準です。

◆参考記事:
住宅ローンの頭金なしの場合について
頭金なしで住宅ローンを組むのって実際どう?
住宅ローンの頭金、みんなの相場はいくらくらい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加