マイホーム購入における頭金の相場

頭金とはなにか?頭金はいくら出したほうがいいのか?
このご質問も非常に多くの方からいただきます。
今回はマイホーム購入に際して必要となる頭金について、ご説明いたします。

マイホーム購入費用の基礎知識

丸尾 健

丸尾 健 株式会社N&Bファイナンシャル・コンサルティング 代表執行役

大学卒業後、建築関連の仕事を経て大手商社系の中高級住宅を扱うハウスメーカーに入社。在籍期間9年のうち5年は店長職を兼務。MVP賞3回。その後、大手金融機関のファイナンシャル・プランニング部門に転職。FP先進国の米国のファイナンシャルプランニングメソッドトレーニングを受講。2009年9月に独立して、株式会社N&Bファイナンシャル・コンサルティングを設立。FP経験現在9年目。新規年間相談件数120件前後、面談累計件数1,000件以上。主に個別面談を中心に活動している、実務家FP。ライフプラン全体を通してのマネープランの作成、資産形成アドバイスに提案に定評がある。
【得意分野】ライフプラン・不動産購入・住宅ローン・資産形成・保険・相続相談

住宅本舗は1回で最大6銀行まで一括仮審査申込
最大6銀行に住宅ローン一括仮審査申し込み!住宅本舗は約60銀行から一括比較!

手元にお金があるが、出したほうがいいのか?
お金は手元に持っておいたほうがいいのか?

マイホーム購入における「頭金」について、多くの方からご質問をいただきます。

●マイホーム購入金額は下記の計算式になります。
物件価格(土地建物)諸費用購入に必要な金額

物件価格だけでは、マイホームは手に入れることはできません。
購入するときにいくつかの諸費用がかかります。
そして、購入に必要な金額から自己資金を差し引いたものが住宅ローンになります。

購入に必要な金額自己資金(諸費用物件の頭金)住宅ローン

諸費用は通常は現金で支払いをします。住宅ローンは物件価格に対して組みます。
理想的な頭金は諸費用5~10%と物件価格の20%くらいを用意できると無理のない計画と言われております。

【例】
物件価格4000万円 諸費用320万円
頭金は諸費用320万円+800万円=合計1120万円
総額4320万円1120万円=住宅ローン3200万円

以前は住宅ローンがそもそも、物件価格の80%までしか組めなかったので、頭金を20%用意することが必要でした。
しかし現在では、フラット35でも90%までの住宅ローンが組めます。
フラット35を取り扱っている金融機関によってはプラス10%分は、別途その金融機関独自のローンが組めるケースもあるので、物件価格の100%を組むことも特別なことではなくなっているのが、現在の状況です。

また、銀行によっては諸費用もローン組むことができるので、頭金ゼロというのは極端ですが、それに近い形でマイホームを手に入れることもできます。
ただし、手元にお金がないから物件価格以上のローンを組むという状況ですので、今後、生活費が上がったり、教育費が上がったりした場合には住宅ローンの返済そのものが危うくなってしまうということであれば本末転倒なので、確実に返せる金額でマイホームの購入を検討したいところです。

筆者が実際にご相談されるお客様は、諸費用+物件価格の10%くらいは頭金をご用意されてる方が多いのではと感じます。頭金を多く入れるメリットとしては、結果住宅ローンの借入金額が下がるので、利息の負担が小さくなります。
何らかの理由でマイホームを手放さなければならないときなど、頭金を多くいれていれば、売却金額よりローン残高が小さくなる方向になるので、残債が残っていて売れないということも避けることができます。

現在(平成28年5月)の低金利下では、自己資金を多く持っていても、逆に頭金を入れずに住宅ローンをたくさん借り入れるということも、検討材料になる方もいらっしゃいます。
ネット銀行の変動金利など0.5%を割り込む住宅ローンも出ています。住宅ローンを借りると、購入物件やご収入が条件を満たせば、住宅ローン減税を受けることができます。

住宅ローンの利息の負担より、住宅ローン減税で戻ってくる所得税・住民税のほうが大きく、頭金は出さずに住宅ローンを目いっぱい借りたほうが得をするケースもありますので、そのような点からも、ご相談者の方から頭金はどのくらい出したらよいのか?という質問が増えています。

一生で一番大きな買い物ですので、できるだけ有利にマイホーム購入ができるように進めていきたいところですね!
そのようなときには、住宅購入について経験豊富なファイナンシャル・プランナーにご相談をご検討ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加