住宅ローンのつなぎ融資について

新築一戸建てを建てて住宅ローンを融資してもらう時につなぎ融資が必要な場合があります。
つなぎ融資とはいったいどんなもので、どんなときに必要なのか、また使用する際はどんなことに注意しなければならないのかをここで紹介しましょう。

戸建ての選び方

住宅本舗 編集部

住宅本舗 編集部

日本で唯一複数の金融機関に一括で住宅ローンの審査申し込みができる特許を持っている“住宅本舗”が、住宅ローンをはじめとした住宅購入に役立つ情報や世の中の人の傾向をコラム・アンケート記事配信していきます。
また住宅本舗では、住宅ローンの一括審査申し込み以外にも、ファイナンシャル・プランナーによるライフプラン相談サービス、火災保険一括見積もりサービス、また、住宅本舗からの様々な情報をお知らせするメールマガジンもございます。そちらもぜひ合わせてご利用ください。

つなぎ融資は何のためのもの?

マンションや建売住宅を買う場合は、費用の総額がわかっており、頭金、手数料、住宅ローンと一度にまとめて支払いをします。ただ、新築一戸建てを土地から建てる際は少々様子が変わります。住宅を建築するときに着工金、中間金、土地を先に購入した場合は土地代など、何度かに分けてまとまったお金が必要になってくるのです。

住宅ローンは建物が完成してから融資されますので、着工金や中間金をローンでまかないたくてもできません。そこで利用できるのがつなぎ融資となってきます。建物が完成してローンを融資してもらうまでの間、つなぎで借り入れするものです。借り入れしている間は金利のみを支払い、正式に住宅ローン融資が降りたときに精算するという方法をとります。

つなぎ融資は着工金や中間金を支払うために借りられるローン

つなぎ融資はどの金融機関も扱っているわけではありませんので、使用する際は扱っている金融機関を探します。つなぎ融資は住宅ローンを利用することが条件となりますので、両方の融資は同じ金融機関で借りなければなりません。

まず金融機関で住宅ローンとつなぎの融資の事前審査をしてもらい、それが通ればつなぎの金額が受け取れます。受け取った融資金で着工金や中間金を工務店や住宅メーカーに支払うことができます。着工金や中間金やその他にも支払いが必要な場合もあり、タイミングもそれぞれ会社によって違いますので確認しておきましょう。

そして完成後に土地と建物の抵当も含めて本審査が行われ、住宅ローンが融資された際に、つなぎの分を住宅ローンで精算するのです。

つなぎ融資の利用の流れと注意事項

つなぎ融資の利用の大まかな流れは、まずつなぎ融資を行っている金融機関を探して住宅ローンとつなぎ融資の審査を受けます。審査が通ればつなぎ融資が実行されますので、そのお金で着工金を支払い建物の工事が始まります。工事の最中に中間金の支払いなどを行い、工事検査と竣工検査が行われ建物完成となります。

つなぎ融資の借り入れ時は金利のみを支払い、建物引き渡し後に実行される住宅ローンで建築会社への支払いとつなぎ融資の精算を行い、つなぎ融資は完済となります。

つなぎ融資は利用すれば金利が発生します。一般的な住宅ローンよりも金利は高く設定されており、工事が長引けばそれだけ支払う金額は大きくなります。事務手数料や契約書の印紙などの諸費用も別途かかってきます。自己資金で賄えるのであれば、なるべく借りない方が節約につながります。

◆参考記事:
住宅購入時につなぎ融資を利用した人の割合

  • このエントリーをはてなブックマークに追加