住宅ローンを組む時、苦労を感じたのはどんな事?

マイホームの購入を夢見ている人は、多いのではないでしょうか。でも、いざ購入するとなると「何が必要になるのか?」「この方法で正しいのか?」などと様々な事を考えてしまいますよね。事前に、何をしたらよいか、必要な事がわかっていれば、大変な思いをしなくても済むのかもしれません。
そこで今回のアンケートでは、実際に住宅ローンを組む時「大変だなぁ」と感じたのはどんな事だったかについて調査を行いました。

マイホーム購入事例

住宅本舗 編集部

住宅本舗 編集部

日本で唯一複数の金融機関に一括で住宅ローンの審査申し込みができる特許を持っている“住宅本舗”が、住宅ローンをはじめとした住宅購入に役立つ情報や世の中の人の傾向をコラム・アンケート記事配信していきます。
また住宅本舗では、住宅ローンの一括審査申し込み以外にも、ファイナンシャル・プランナーによるライフプラン相談サービス、火災保険一括見積もりサービス、また、住宅本舗からの様々な情報をお知らせするメールマガジンもございます。そちらもぜひ合わせてご利用ください。

住宅ローンを組むには返済、審査、金利が重要!

アンケートの結果、ローンの返済と回答してる人が特に多く、それに次いで審査に通るかどうか、金利と回答している人が多く見られました。

・景気が予想しにくかったので金利変動制にするか金利固定性にするかをとても悩みました。(30代/男性/会社員)

・給料が安いので長期ローンが組めず、月当たりの支払額が大きいこと(30代/男性/自営業(個人事業主))

・ローン返済のためのお金が毎月なかなか高額で結構きつかったです。(20代/男性/無職)

・主人の仕事が自営業だったので収入が安定しないとあちこちの銀行で断られました。失礼な事も言われたりで嫌な思いをしました。大手都市銀の銀行員は自分のお金貸すみたいに勘違いしている。(40代/女性/専業主婦)

・固定金利にするか変動金利にするか迷ったことです。これからの金利がどの程度上がるのか読めない不安で、そんな中で不動産屋さんから結論を急かされ結局固定にしました。急かされたのが一番困りました。(30代/女性/専業主婦)

・自営業なので、住宅ローンを組ませてくれる銀行がなかった。頭金を増やしてようやく組めた。(40代/女性/パートアルバイト)

 

最も多い回答のローンの返済は、あらかじめ頭の中で計算していた金額よりも出費の金額が高く、やりくりが大変だったという意見が多く見られました。住宅を購入する事によって、他の出費も重なり、事前の計算よりも多くの費用が必要になる事が背景にあるようです。

また、ローンを組む際には銀行の審査が必要になるため、審査に通るかどうかが不安で、その事が精神的な苦痛になった人もいるようでした。また金利の変動に関しては、変動型にするのが得なのか、固定型にするのが得なのかわからない事が苦労だった様子が伺えますね。

事前に知っておく事で、ストレスを減らす事ができる!

住宅ローンを組む際、最も大変と感じたのがローンの返済と多くの人が答えていました。これは、住宅を購入すると、家に置く家具や家電の購入、固定資産税や自治会費など、ローン以外の出費も重なってくるからではないでしょうか。ですから、事前に他の必要経費も計算に入れておくと、想定外の出費で慌てる事を避けられそうです。

これからローンを組む予定の方、今回のアンケートでわかった悩みの種について、余裕のあるうちに調べておくなど対策をしてみてはいかがですか?ストレスの元は時期を分散すれば、感じるストレスを軽くすることができるかもしれません。

◆参考記事:
毎月の住宅ローン、延滞する人っているの?
住宅ローンと滞納(延滞)の関係について

【住宅本舗は複数社への事前審査をオススメします!!】
住宅ローン新規借り入れ時の複数社審査申し込みはこちら住宅ローン借り換え時の複数社審査申し込みはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加