個人事業主の住宅ローン

マイホームの購入を考えている個人事業主も多いと思います。
でも個人事業主の住宅ローン審査は、会社員などと比べるとかなり厳しいのが現状です。
今回はその理由を、2つの点からお話しします。

マイホーム購入の基礎知識

住宅本舗 編集部

住宅本舗 編集部

日本で唯一複数の金融機関に一括で住宅ローンの審査申し込みができる特許を持っている“住宅本舗”が、住宅ローンをはじめとした住宅購入に役立つ情報や世の中の人の傾向をコラム・アンケート記事配信していきます。
また住宅本舗では、住宅ローンの一括審査申し込み以外にも、ファイナンシャル・プランナーによるライフプラン相談サービス、火災保険一括見積もりサービス、また、住宅本舗からの様々な情報をお知らせするメールマガジンもございます。そちらもぜひ合わせてご利用ください。

収入の安定性がキーワード

個人事業主はなぜ、会社員や公務員よりも、住宅ローン審査が厳しいのでしょうか? その大きなキーワードの1つとして挙げられるのが、「収入の安定性」です。

ご存じの通り住宅ローンは、最長35年もの長期にわたって、返済を続けていかなければなりません。そのため金融機関(実際に審査を行うのは保証会社。以下同じ)では、安定した収入の有無を大きなポイントとして見ています。もちろん、安定した収入を得ている個人事業主もたくさんいらっしゃいますが、定期的な給料がある程度保障されている会社員などと比較すると、どうしても審査が厳しくなってしまうわけです。

3分の1でも「赤」だと…

個人事業主が住宅ローン審査を受ける際、一番のポイントになるのが、「確定申告書」です。この確定申告書は、個人事業主の収入の安定性を見極める重要な資料ですから、金融機関は当然ながらしっかりチェックをします。なかでも「所得の欄」は、注意しておきたい点です。

個人事業主の場合、節税対策のため経費を多めに計上して所得を低く抑えているケースもあると思いますが、これが住宅ローン審査ではマイナス要因になってしまいます。金融機関は、節税対策などといった裏の事情までは考慮してくれないのです。

なかには、「住宅ローンを申し込む前の年だけ、所得を多めに申告すればいいのでは?」と考える人もいるでしょうが、残念ながらそれもうまくはいきません。なぜなら、多くの金融機関では、過去3年分の確定申告書でローン審査を行っているからです。

ちょっと厳しい言い方ですが、3年間のうち1期でも赤字の年があると、基本的には「アウト」です。審査する以前の問題で、窓口での申し込み段階で断られてしまう可能性が高いでしょう。一部には3年間の平均所得をもとに審査をしてくれる金融機関もありますが、所得の低い年が1期でもあれば、審査結果はおのずと厳しくなります。将来、住宅購入を考えている方は、あらかじめ3-4年程度の時間的な余裕を見込んで準備されることをお勧めします。

キャッシング枠を確認

また個人事業主の中には、クレジットカードを何枚も保有し、万一の資金繰りに備えている人も多いでしょう。ただこちらも、住宅ローン審査の観点から言うと、不利に働くケースがありますから注意が必要です。その原因は、クレジットカードに設定する「キャッシング枠」です。実は住宅ローン審査では、実際の借入状況に加え、キャッシング枠を持っているだけでもその分のお金を借りていると見なされる場合があるのです。そのため、本当は1円もお金を借りていないのに、希望する金額が認められなかったり、最悪の場合、審査に落ちてしまうこともあり得ます。

確かにクレジットカードには、急場をしのげる安心感がありますが、必要以上にクレジットカードをつくったり、不用意にキャッシング枠を広げることは控えましょう。また、ショッピングにしか利用していないクレジットカードを持っている場合などは、キャッシング枠を「ゼロ円」にしておくことをお勧めします。

結局のところ、個人事業主の住宅ローン審査は、ご自身の信用力と返済能力をいかに客観的に示せるかがポイントです。事業に集中するあまり、こうした基本がおろそかにならないよう、お金の管理をしっかり行ってください。

(記事提供:ニッキンマネー 2013年12月号 p34-p35)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加