固定資産税と都市計画税

新しく住宅を購入すると、税金や購入した住宅のメンテナンス費用や修繕積立費用がかかってきます。
どの程度の税金や修繕費などが必要かを計算し、その残高を返済に充てるようにしましょう。

マイホームの税金・補助金

住宅本舗 編集部

住宅本舗 編集部

日本で唯一複数の金融機関に一括で住宅ローンの審査申し込みができる特許を持っている“住宅本舗”が、住宅ローンをはじめとした住宅購入に役立つ情報や世の中の人の傾向をコラム・アンケート記事配信していきます。
また住宅本舗では、住宅ローンの一括審査申し込み以外にも、ファイナンシャル・プランナーによるライフプラン相談サービス、火災保険一括見積もりサービス、また、住宅本舗からの様々な情報をお知らせするメールマガジンもございます。そちらもぜひ合わせてご利用ください。

住宅本舗は1回で最大6銀行まで一括仮審査申込
最大6銀行に住宅ローン一括仮審査申し込み!住宅本舗は約60銀行から一括比較!

住宅購入後にかかる維持費

住宅購入後は固定資産税や都市計画税などの税金や、購入した住宅のメンテナンス費用や修繕積立費用を計画する必要もあります。

固定資産税

各市区町村の固定資産台帳に記録されている土地や建物にかかってくる税金です。

都市計画税

都市計画法の規定に基づいて、各市区町村の固定資産台帳に記録されている土地や建物にかかってくる税金です。

マンションを購入した場合には、修繕積立費用、管理費や共益費用が必要になりますし、住宅に対して火災保険や地震保険などをかける必要もあります。家に駐車場が無い場合には、駐車場代や駐輪場の費用も必要になります。

このように住宅購入後にかかる維持費はたくさんあるので、維持費を計算に入れて、返済額を決定する必要があるのです。

将来必要となる維持管理費を毎月一定金額を取り分けて計画的に維持費を貯金しておくと、急な出費にも対応できるようになるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加