住宅ローンと住民税について

住宅の購入は一生に一度の大切な買い物の上、とても高額な買い物です。節税対策なども上手に考えて、しっかりとしたローンを組みたいものです。
失敗しないために、住宅ローンと住民税の関係について調べてみましょう。

マイホームの税金・補助金

住宅本舗 編集部

住宅本舗 編集部

日本で唯一複数の金融機関に一括で住宅ローンの審査申し込みができる特許を持っている“住宅本舗”が、住宅ローンをはじめとした住宅購入に役立つ情報や世の中の人の傾向をコラム・アンケート記事配信していきます。
また住宅本舗では、住宅ローンの一括審査申し込み以外にも、ファイナンシャル・プランナーによるライフプラン相談サービス、火災保険一括見積もりサービス、また、住宅本舗からの様々な情報をお知らせするメールマガジンもございます。そちらもぜひ合わせてご利用ください。

住宅ローンの減税制度と控除について

住宅ローンを組んでいると、所得税の還付や住民税の減税が受けられるシステムがあります。通称”住宅ローン控除”と呼ばれているものです。

◆参考記事:
住宅ローンの控除(減税)の対象・条件について

控除を受けられる期間はローン開始後10年間です。
対象となるのは一般的な金融機関で借り入れを行ったもので、親や親族などから借りたお金に関しては対象になりません。住民税は毎月給与から天引きされるものであるので、月々の税金が安くなりますが、その効果を最大限に狙うのであれば、共働き夫婦でローンを借りる時に、夫婦別々にローンを組むか連帯債務にてローンを借りると節税率が高くなり結果的には得することが多いです。ただし奥さまに出産などの計画がある場合は、給与が減った期間は税金も安くなるので、ライフプランもよく考えながら計画する必要があります。

住民税から住宅ローン控除が受けられる場合がある

そもそも、住宅ローン控除は基本的に所得税から引かれます。
しかしその金額が支払った所得税を上回る場合に、その分が住民税から引かれるという仕組みになっています。

また、住宅ローンに関する住民税の控除のシステムを利用するには、幾つかの条件があることを覚えておかなくてはなりません。

【1】合計所得金額が年間3千万円以下であること
【2】住宅ローンを10年以上借りること
【3】購入する家の面積が50平方メートル以上であること
【4】ローンの借主自身がその家に住むこと
【5】中古住宅を購入する場合には耐震性性能を有していること
※耐震性能について:
木造住宅の場合築20年以内で、鉄筋コンクリートの場合築25年以内です。住宅購入初年度に確定申告をしておく必要があります。
【6】リフォームの場合はリフォーム費用が100万円を超えていること

上記のように、細かい条件がたくさんありますので理解しておく必要があります。

◆参考記事:100人の調査
確定申告で所得税額から控除のこと知っている人の割合

住民税からの住宅ローン控除は手続きがいらない

個人住民税の住宅ローン控除に関しては手続きがいらなくなりました。
住民税を算出する市区町村が住宅ローン控除を受ける人が税務署へ申告した情報を把握することができるようになったためです。そのために、確定申告の添付資料の見直しや、給与支払報告書などが抜本的に改正され、市区町村にてローン控除額を算出することができるようになったのです。よって、個人事業主であれば、毎年の確定申告を行うのみです。

企業の会社員であれば、住宅購入初年度に確定申告を行ったら、その後は毎年の年末に行われる年末調整を行うのみで済みます。個人的に税金の控除のための申告や申請を行う必要は全くなくなりました。なお、平成11年から平成18年の間に入居した人についても同様に市区町村での手続きは不要になっています。

◆参考記事:
住民税からも控除される!住宅ローンを借りる際には勉強が必要!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加