家のローンを借りるなら若い時?それともしっかり貯蓄してから?

一生に一度の大きな買い物である「家」。自分の家を建てられるなんて憧れてしまいますよね。どんな家にしようかキッチンはアイランドキッチンでリビングは広く吹き抜けにしたいなど考えるだけでもワクワクしますよね。
しかし、家を建てるタイミングを考えたことはあるでしょうか。いつローンを組むかによってこの先の人生、大きく変わってきます。
いつローンを組んだら良いのか、特に若い時にローンを組むことについてアンケートを取ってみました。

ライフプランの基礎知識

住宅本舗 編集部

住宅本舗 編集部

日本で唯一複数の金融機関に一括で住宅ローンの審査申し込みができる特許を持っている“住宅本舗”が、住宅ローンをはじめとした住宅購入に役立つ情報や世の中の人の傾向をコラム・アンケート記事配信していきます。
また住宅本舗では、住宅ローンの一括審査申し込み以外にも、ファイナンシャル・プランナーによるライフプラン相談サービス、火災保険一括見積もりサービス、また、住宅本舗からの様々な情報をお知らせするメールマガジンもございます。そちらもぜひ合わせてご利用ください。

早く借りて早く返す!みんな先のこと結構考えてる

早く借りるということが1番多い結果になりましたが、若い時の不安定さを指摘する声も。

・早く組めば、早く支払いが終わるので、そう言われる気持ちは分かります。定年後に収入が減ってからも支払いを続けるのは大変だと思います。(30代/女性/専業主婦)

・賃貸費用と大差がないし、早めにローンを組んだ方が早めに完済できる。完済後の余力の生活を楽しめる。(40代/男性/会社員)

・年を取ってからの借金は、身にこたえますから、若い方がいいんじゃないかな。(40代/女性/会社員)

・住宅ローンは35年まで組むとすれば 30歳までにはローンを組みたいと考えますね 収入の安定が第一なのですが。(50代/男性/会社員)

・そう思います。できれば定年までには返し終えていないと、年金から返済していくのは厳しいと思うので。(30代/女性/パートアルバイト)

・安定した収入を得られているのなら、若い方でも良いと思うが、私は一概に若い方はすぐ辞職したり、無茶をするイメージをもっているため、若い方が良いとはあまり思いません。(20代/女性/学生)

 

皆さんのアンケートには、家のローンを返せる返せないの心配ではなく、早く借りてしまえば老後が安心出来るといった意見が多く聞かれました。家のローンは30年から35年で組むことが一般的で、定年退職の時期や年金の時期との兼ね合いを考えての意見だと言うことが伺えます。早く返済することにより老後の人生をお金で苦労せず過ごしたいという思いが伝わってきますよね。学生よりも社会人や専業主婦の方が早くローンを完済したい思いが伝わってきますが、これは社会に出て実際に自分や知り合いが経験、見聞きした人の意見とも言えるのではないでしょうか。

家族が20年後、30年後どうなっているのか?一度考えてみよう

さまざまな意見がありますが、今の自分たちの置かれた状況を把握し見極める力が必要な気がします。もしもの時にどうするのか、親や親戚は助けてくれるのか、先ほどのアンケートの意見にあった若さゆえの不安定さなど多くのことをクリアすれば、若い時にローンを組んで家を買う事は決して間違いではないかも知れません。

老後の事もありますが家族みんなで住む大切な家、一家の主として一人で決断するのではなくみんなで住む家ですから、人生の先輩方や専門家の意見を聞いてじっくり考えみるのも良いのではないでしょうか。

■調査地域:全国
■調査対象:年齢不問・男女
■調査期間:2015年08月11日~2015年08月25日
■有効回答数:100サンプル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加