住宅ローンを組んで住まいを購入!女性が決断するきっかけは!?

憧れのマイホームを建てる!と聞くと、結婚する時や子どもが生まれた時、子どもが小学校に上がるのをきっかけに…など夫婦にとって大きな決断をする時というイメージがあるかもしれません。しかし女性も社会でバリバリ働いてキャリアを積む人が増えた昨今では、女性一人で家を建てたりマンションを購入したりするなど住宅ローンを組むことも増えてきているでしょう。
では実際女性が住宅ローンを組もうと決めるきっかけになるタイミングってどんなことなのでしょうか?ということでアンケートをとってみました。

女性シングルのライフプラン

住宅本舗 編集部

住宅本舗 編集部

日本で唯一複数の金融機関に一括で住宅ローンの審査申し込みができる特許を持っている“住宅本舗”が、住宅ローンをはじめとした住宅購入に役立つ情報や世の中の人の傾向をコラム・アンケート記事配信していきます。
また住宅本舗では、住宅ローンの一括審査申し込み以外にも、ファイナンシャル・プランナーによるライフプラン相談サービス、火災保険一括見積もりサービス、また、住宅本舗からの様々な情報をお知らせするメールマガジンもございます。そちらもぜひ合わせてご利用ください。

住宅本舗は1回で最大6銀行まで一括仮審査申込
最大6銀行に住宅ローン一括仮審査申し込み!住宅本舗は約60銀行から一括比較!

結婚しないと決めた時、経済力があれば家の購入を考えるかも…

アンケートの結果、ある程度仕事も順調であり、結婚をする気が無くなったタイミングが女性にとって家やマンションを購入しようと考えるタイミングだと考える人が多いようでした。

・子供が生まれると、家庭重視になって、家にいる時間も家の事をする時間も増え、自分の家が欲しいと思うようになると思います。(20代/女性/会社員)

・心機一転したいとき。子供が生まれたとき。結婚したとき。仕事がうまくいって余裕が出来たとき。(20代/女性/会社員)

・40すぎて、独身。実家から遠く離れて一人暮らしをしていて、その時住んでいる場所の近くにお気に入りの家が出来た時(30代/女性/会社員)

・ここに住みたい、等強い思いがある時。もう結婚する気がなくなった時。(30代/女性/会社員)

・女性の住宅ローンは大変と聞く。ある程度の収入があり、結婚せずに一人で生きて行こうと思った時かな。(50代/女性/パートアルバイト)

・結婚がもう確実に無理ってあきらめて開き直った時にある程度の貯金があれば、その時(30代/女性/専業主婦)

・会社での仕事も波に乗ってきて、ある程度貯金も貯まってきて、家賃を払って住むより、自分の城を持ちたい、と感じた時。(50代/女性/専業主婦)

子どもが生まれるなどの生活の変化や、何か心機一転したいと思うようなきっかけがある時に家やマンションの購入を考えるという回答も見られます。しかしある程度仕事が順調で経済的な余裕が出てきた時に、家やマンションの購入を考えるという意見が圧倒的に多く見受けられました。
それに加え、結婚しようという気持ちが無くなることも女性が一人で住宅ローンを組んで家を持つことを決心するきっかけになる様子が伺えます。一人で人生を生きていくために将来を見据えて安定した持ち家の所有を考えるのかもしれませんね。

ひとつの選択として女性が家を購入するのもアリでしょう!

仕事も順調!収入もそれなりにあるし貯金もできた!そんな時女性がもう結婚はしないかな…と思うようになれば、その後の生活を送る拠点を自分の力で手に入れようと思う様子が伺えるアンケート結果でした。
結婚を諦めて開き直るということもあるのかもしれませんが、自分にとって住みやすい地域にお気に入りの空間が見つかって購入すれば、それは自分の城になりますよね。生活の基盤が整えば、その時とそれからの人生をさらに充実させられるかもしれません。無理しない適切な将来設計が立てられれば、女性が住宅ローンを組んで家やマンションを購入することも人生のひとつの選択なのではないでしょうか。

■調査地域:全国
■調査対象:【性別】女性
■調査期間:2015年08月11日~2015年08月25日
■有効回答数:100サンプル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加