住宅ローン本審査について~本審査の期間・事前審査との違い~

住宅ローンの貸し出しには事前審査と本審査があります。事前審査と本審査の違いとそれぞれの審査期間についてご説明します。
審査基準もそれぞれ異なりますので、住宅ローンを申し込もうと考えている方は参考にして下さい。

住宅ローンの本審査

住宅本舗 編集部

住宅本舗 編集部

日本で唯一複数の金融機関に一括で住宅ローンの審査申し込みができる特許を持っている“住宅本舗”が、住宅ローンをはじめとした住宅購入に役立つ情報や世の中の人の傾向をコラム・アンケート記事配信していきます。
また住宅本舗では、住宅ローンの一括審査申し込み以外にも、ファイナンシャル・プランナーによるライフプラン相談サービス、火災保険一括見積もりサービス、また、住宅本舗からの様々な情報をお知らせするメールマガジンもございます。そちらもぜひ合わせてご利用ください。

住宅本舗は1回で最大6銀行まで一括仮審査申込
最大6銀行に住宅ローン一括仮審査申し込み!住宅本舗は約60銀行から一括比較!

住宅ローンの事前審査(事前審査)から本審査までの流れ

住宅ローンの事前審査とは不動産の購入前に支払いが可能かどうかを予備的に審査する事を目的にしています。

住宅ローンの事前審査では基本的に年齢や年収など自己申告からの融資情報を確認します。完済時と住宅ローン借り入れ時の年齢・年収・勤続年数・健康状態・担保評価などが高い構成率を占めています。
また返済率と呼ばれる年収における住宅ローンの割合が35%以内かどうかを確認して、住宅ローンの支払いが可能かどうかチェックされます。

事前審査では銀行でチェックをするため、約1~2週間程度の期間が掛かります。本審査では保証会社がチェックするので約1週間程度になります。本審査は事前審査を通らないと受けられませんので、早めに事前審査を申し込むことをおすすめします。

住宅ローン本審査の期間日数と内容

住宅ローンの本審査期間は約1週間程度になり、事前審査を合わせて少なくても1ヶ月程度はかかります。チェックする内容は事前審査の内容に間違いや漏れがないか・物件の質(担保としての価値や建築法を順守しているか)についてです。

事前審査では借り手の申告をもとに内容の確認する意味合いが強いですが、こちらでは物件や勤務先の経営状況もチェックされます。事前審査は銀行で行いますが、本審査は保証会社が請け負うケースが多く、審査基準も厳しく全く別物と考えた方が間違いありません。

審査中に面談を求められたら、収入について不明な点があると判断した方が良く、服装や言葉遣いをきちんとして行くことが最善です。借り入れ額と返済能力に問題がない・健康状態が団信に加入出来るかが審査基準の肝です。

住宅ローン本審査に落ちた場合

事前審査に通っても本審査に落ちるケースが多々あります。住宅ローン審査に落ちた理由は金融機関に聞いても教えてくれないケースが大半です。

住宅ローン本審査に落ちた理由として考えられるのは、事前審査の申告内容に間違いや変更があった・物件に問題があったなどが挙げられます。

例えば意図的に情報を隠すつもりはなくても転職や退職した場合は本審査に落ちる可能性が高まりますので注意します。またクレジットカード会社のキャッシング枠も借金扱いになりますし延滞や未納など過去に返済事故があった場合も審査に引っ掛かりますので心当たりがない場合は意外な所に原因がある可能性があります。

個人が住宅ローンの審査を行ったことは各金融機関で共有されますが、審査の内容や結果までは金融機関同士で共有されませんので次の金融機関で住宅ローン貸し出し審査にトライしましょう。

◆参考記事:100人へのアンケート
住宅ローンに通らない場合、どうする!?
住宅ローンに関するFPへの相談はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

注文住宅・ハウスメーカー・工務店への一括資料請求サービス

一度の情報入力で、複数のハウスメーカーや工務店の最新注文住宅カタログを入手!
登録は最短2分程度のため、これから注文住宅を検討されている方に人気のサービスとなっております。