住宅ローンの仮審査って何が違うの?

住宅ローンを組む上で審査が必ずあるということは多くの人が知っているのではないでしょうか。
しかし、住宅ローンの審査はひとつだけではなく仮審査と本審査の二つあり、その二つには違いがあるということはご存知ですか。
ローンを組む上では知っておくと良い知識ではありますが、実際に知っているという人がどれくらいいるのか、アンケートで調べてみました。

住宅ローン審査の流れ・仕組み

住宅本舗 編集部

住宅本舗 編集部

日本で唯一複数の金融機関に一括で住宅ローンの審査申し込みができる特許を持っている“住宅本舗”が、住宅ローンをはじめとした住宅購入に役立つ情報や世の中の人の傾向をコラム・アンケート記事配信していきます。
また住宅本舗では、住宅ローンの一括審査申し込み以外にも、ファイナンシャル・プランナーによるライフプラン相談サービス、火災保険一括見積もりサービス、また、住宅本舗からの様々な情報をお知らせするメールマガジンもございます。そちらもぜひ合わせてご利用ください。

【質問】
住宅ローンの仮審査と本審査の違いを知っていますか?

【回答数】
はい:27
いいえ:73

実は違いを知らない人の方が多い!

違いをきちんと理解していないという人がかなり多いということがアンケートから分かりました。

・仮審査と本審査でどの程度の情報が変わってくるのかとか全く知らないし、聞いたこともない。(30代/男性/会社員)

・おそらく本審査のほうがきちんと調べられているだろうというくらいで、正確な違いについてはわからない。(40代/女性/専業主婦)

・仮審査があるなんて知りませんでした。これからお家を建てるので、調べてみます。(20代/女性/専業主婦)

家を建てようと思っている人の中にも違いを知らないという人が多いことがわかります。二つの違いどころか、審査が二段階あるということすら知らないという人もいたようでした。審査基準を知ることはローンの審査を確実に通す上で大きな意味があるかもしれません。住宅ローンの知識の中では意外に知られていない盲点ということのなのでしょう。

知っているつもりの人も案外多い?

一方知っているという人の回答は次のようなものになっていました。

・大まかですが、仮審査は銀行の支店にいる人が審査し、本審査は本部の人が審査する。(20代/女性/専業主婦)

・申告ベースで審査するのが仮審査で、収入証明や売契などの一定の情報に基づいて審査するのが本審査。(40代/男性/会社員)

・個人的にカードローンや悪徳金融に借金がないか、会社の業績などを調べて、審査の対象になるのかな(40代/女性/パートアルバイト)

知っていると答えた人の中でも意見に違いがあるということがお分かりいただけると思います。このように知っているつもりでも、実は違いを本当に理解している人は、非常に少ないようです。仮審査と本審査については意外にも知っている人が少なく、ローンを組むときの盲点になりえるということが言えそうです。これを機会に知っていると思っている人も改めて調べ直してはいかがでしょうか。

本当の違いは審査する機関が違う点

仮審査と本審査の本当の違いは、どこが審査するかということです。仮審査は貸し付けを行う金融機関が行い、本審査は保証会社が行い、金融機関では調べられないところまで踏み込んで審査するという違いがあります。これが両者の違いであって、仮審査が終わったからといって安心していいという訳ではないことが分かるのではないでしょうか。こうした違いを知っておくだけで、少しは審査が通りやすくなるかもしれません。ローンの知識は万全にして、マイホームを確実に購入できるようにしたいものですね。

■調査地域:全国
■調査対象:年齢不問・男女
■調査期間:2015年05月26日~2015年06月09日
■有効回答数:100サンプル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

注文住宅・ハウスメーカー・工務店への一括資料請求サービス

一度の情報入力で、複数のハウスメーカーや工務店の最新注文住宅カタログを入手!
登録は最短2分程度のため、これから注文住宅を検討されている方に人気のサービスとなっております。