住宅ローン審査後の生活環境の変化

住宅ローン審査後で、住宅ローンの借り入れ前の時点で、事情や申告情報が変更になった場合には、再審査が必要になることがあります。
住宅ローンの借入を検討している時には、できるだけ安定した収入が得られるように、前もって計画するようにしましょう。

住宅ローン審査の流れ・仕組み

丸尾 健

丸尾 健 株式会社N&Bファイナンシャル・コンサルティング 代表執行役

大学卒業後、建築関連の仕事を経て大手商社系の中高級住宅を扱うハウスメーカーに入社。在籍期間9年のうち5年は店長職を兼務。MVP賞3回。その後、大手金融機関のファイナンシャル・プランニング部門に転職。FP先進国の米国のファイナンシャルプランニングメソッドトレーニングを受講。2009年9月に独立して、株式会社N&Bファイナンシャル・コンサルティングを設立。FP経験現在9年目。新規年間相談件数120件前後、面談累計件数1,000件以上。主に個別面談を中心に活動している、実務家FP。ライフプラン全体を通してのマネープランの作成、資産形成アドバイスに提案に定評がある。
【得意分野】ライフプラン・不動産購入・住宅ローン・資産形成・保険・相続相談

住宅本舗は1回で最大6銀行まで一括仮審査申込
最大6銀行に住宅ローン一括仮審査申し込み!住宅本舗は約60銀行から一括比較!

住宅ローン借り入れ前の場合

住宅ローン審査後で、住宅ローンの借り入れ前の時点で、事情や申告情報が変更になった場合には、再審査が必要になることがあります。

審査に大きく影響を与える重要な項目は、「勤務先」「勤続年数」「収入」です。そのため、すでに仮審査に通っていたとしても、転職した場合には、新しい勤務先と収入での再審査を受けることになります。

ですから、審査を受ける前後の時期はなるべく生活環境に変化がないようにしておく必要があります。

住宅ローン審査では、勤続年数や収入の安定が重要視されますから、再審査を受けた結果、借入できないこともあります。

他にも、車のローンを組んだなど新たな借入が増えた場合にも、住宅ローンで借入できる金額に影響を与えることがあり、希望金額が借りられなくなるかもしれません。

申告情報の変更手続きは、証明する書類を提出する必要があり、新しい勤務先や直近の収入証明などを準備して提出するようにしましょう。

これらの情報変更が前もって分かっている時には、できるだけ早めに金融機関に報告し、相談することで不必要な混乱を避けることができます。

住宅ローン借り入れ後の情報変更

住宅ローン借り入れ後に変更事項が生じた時には、金融機関にすぐに届出をするようにしましょう。
例えば、結婚したり離婚したりなどの理由で名前が変わったり、住居表示が変わったときにも報告しておくとよいでしょう。
これらの情報の変更をする際にも、証明する書類を準備して届け出る必要があります。

他にも、住宅ローンの対象となっている建物を増改築したいときや、住宅の一部を店舗や事務所に変更する場合、返済の途中で住宅を売却する際にも届け出る必要があります。また、住宅ローンの借主が死亡したり高度障害に陥った時にも報告が必要になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

注文住宅・ハウスメーカー・工務店への一括資料請求サービス

一度の情報入力で、複数のハウスメーカーや工務店の最新注文住宅カタログを入手!
登録は最短2分程度のため、これから注文住宅を検討されている方に人気のサービスとなっております。