住宅ローンの流れ~住宅・家の購入と住宅ローン~

住宅ローンを組む前に、住宅の購入後に住宅ローン借り入れ審査などを始めた場合、審査に通らなかったり、不動産会社の提携ローンで損をする可能性があることに注意してください。また住宅ローンは誰もがいくらでも借りることができると言うわけではありません。

住宅ローン審査の流れ・仕組み

住宅本舗 編集部

住宅本舗 編集部

日本で唯一複数の金融機関に一括で住宅ローンの審査申し込みができる特許を持っている“住宅本舗”が、住宅ローンをはじめとした住宅購入に役立つ情報や世の中の人の傾向をコラム・アンケート記事配信していきます。
また住宅本舗では、住宅ローンの一括審査申し込み以外にも、ファイナンシャル・プランナーによるライフプラン相談サービス、火災保険一括見積もりサービス、また、住宅本舗からの様々な情報をお知らせするメールマガジンもございます。そちらもぜひ合わせてご利用ください。

住宅本舗は1回で最大6銀行まで一括仮審査申込
最大6銀行に住宅ローン一括仮審査申し込み!住宅本舗は約60銀行から一括比較!

住宅ローンは住宅・物件選びと同タイミングで開始

家の購入を検討する際には、家を見に行く前に複数社で事前審査を行うことをおすすめします。事前審査は無料で行えます。

借りるまでの流れを把握する上でも、家の購入資金を考える際にも、「自分が住宅ローンでいくら借り入れることができるのか」を知った上で物件を選定することが賢明と言えます。

家を選ぶタイミングと同時に、住宅ローンについても考えていくことが最善の策です。住宅ローンの借り入れの流れを理解しておくことで、その後の問題も起こりにくく、安心して家の購入に踏み切ることができます。

物件が絞り込めたら住宅ローンの事前審査

住宅ローンを組む際には本審査の前に事前審査が行われます。ある程度物件が絞り込めた段階で、事前審査を行ってください。これは簡単に言うと、「本当に住宅ローンを組んで大丈夫なのか」を確認するための書類です。誰名義で住宅ローンを借りるのか、その人は住宅ローンを組むことが可能なのか、そして住宅ローンの返済能力があるかなどを調べます。

事前審査とは言え、審査時には年収や家族構成などのプライベートな部分も銀行に提示する必要があります。審査時には身分証明となる運転免許証や保険証、年収の確認を取る源泉徴収票などが必要です。

住宅の売買契約のタイミングで住宅ローンの本審査

住宅ローン事前審査が通れば本審査が待っています。事前審査のタイミングは住宅購入前になりますが、本審査は住宅購入と同タイミングです。事前審査では聞かれなかったことなどの提示が必要になります。

住宅ローン借り入れ額はもちろんですが、時にはその詳細も聞かれたり記入する必要がある場合があります。本審査で保証会社に提示する情報は、保証会社が調べれば分かることなので嘘偽りなく記入します。この時、携帯電話の分割払いやリボ払いも借り入れに入ることに注意してください。

住宅ローンを組む際には金利のことも含めて無理のないように組むことが重要です。住宅ローンは長い間付き合っていくものなので、無理して組んでせっかくのマイホームを手放さなければならない…なんてことにならないよう、借り入れは計画的に考えていきましょう。

◆参考記事:
住宅ローン新規借り入れまでの流れ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

注文住宅・ハウスメーカー・工務店への一括資料請求サービス

一度の情報入力で、複数のハウスメーカーや工務店の最新注文住宅カタログを入手!
登録は最短2分程度のため、これから注文住宅を検討されている方に人気のサービスとなっております。