転職した場合の住宅ローン審査

長い人生の間には、思いもよらない転機が訪れることがあります。転職もその一つでしょう。
住宅購入時の住宅ローンの審査中や、ローン返済中に転職した場合、審査に影響はあるのでしょうか。
住宅ローンについて知っておくと役に立つことを紹介します。

住宅ローン審査の基準

住宅本舗 編集部

住宅本舗 編集部

日本で唯一複数の金融機関に一括で住宅ローンの審査申し込みができる特許を持っている“住宅本舗”が、住宅ローンをはじめとした住宅購入に役立つ情報や世の中の人の傾向をコラム・アンケート記事配信していきます。
また住宅本舗では、住宅ローンの一括審査申し込み以外にも、ファイナンシャル・プランナーによるライフプラン相談サービス、火災保険一括見積もりサービス、また、住宅本舗からの様々な情報をお知らせするメールマガジンもございます。そちらもぜひ合わせてご利用ください。

住宅本舗は1回で最大6銀行まで一括仮審査申込
最大6銀行に住宅ローン一括仮審査申し込み!住宅本舗は約60銀行から一括比較!

住宅ローン審査に対する転職の影響について

住宅を購入する時は、住宅ローンを組むのが一般的です。しかし、金融機関の審査に通らなければ、ローンを組むことはできません。金融機関がチェックしている審査項目は複数あり、その中の一つが勤続年数です。

会社に勤めている期間が長いと、比較的有利に審査が通ると言われています。それは、安定した収入が続くと見込めることで、返済能力があると認められるからです。

逆に、転職を繰り返し不安定な状態が続いていると、審査は通りにくくなります。金融機関によって異なりますが、勤続年数は1年以上の条件をつけている所が多くなっています。中には3年以上の条件の所もあります。その基準を満たしていないと、住宅ローン審査に通らない可能性が高くなります。審査の直前に転職すると、ローンを組むのは難しいでしょう。

住宅ローン返済中の転職について

住宅ローンは、何十年にもわたって返済することが一般的です。そのため、借り入れ後に転職することも考えられます。

返済中に転職すると心配になるのが、住宅ローンの融資額の変更や打ち切りがあるかもしれないということです。そのために、金融機関に連絡をできずに悩む人もいるようです。しかし、転職の自由は憲法によって保障されており、金融機関が口出しすることはできません。

また、万が一の場合に備えて抵当権が設定されているので、返済を続けている限り債務不履行に問われることはありません。ただ、転職したことをローンを借りている金融機関に報告する義務はあります。

転職によって収入が変わった場合は、金融機関と相談して、返済計画を見直す必要もあります。信頼関係を続けるためにも、早めの連絡が大事です。

住宅ローンの借り入れを検討していて且つ転職も考えている人要チェック!

住宅購入を考えて住宅ローンを検討しつつ、転職も考えているような場合はタイミングが大切です。

住宅ローンの場合、最低勤続年数をチェック項目として設けている金融機関がほとんどです。そのため、住宅ローン審査の直前に転職してしまうと、審査に通らない恐れがあります。もし、転職がキャリアアップ目的で、その後の収入も安定して見込めると証明できれば、勤続年数の条件を満たしていなくても影響なく借りられることがあります。

しかし、証明するのは容易なことではなく、審査に通る保証もありません。転職した場合は、すぐ住宅購入を考えるよりも、ローンが借りられる勤続年数に達するまで、予備の費用や頭金を貯めるなど準備期間を設けたほうが得策です。

◆参考記事:100人へのアンケート調査
不安!?転職してすぐの住宅ローン
申告する?しない?住宅ローン申し込み時に転職すること!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

注文住宅・ハウスメーカー・工務店への一括資料請求サービス

一度の情報入力で、複数のハウスメーカーや工務店の最新注文住宅カタログを入手!
登録は最短2分程度のため、これから注文住宅を検討されている方に人気のサービスとなっております。