自営業・個人事業主の住宅ローン審査・借り入れについて

自営業の方は、会社に勤める方よりも住宅ローンの審査に通りにくいと言われています。その為、自営業の方が住宅ローンを利用する際には気をつけるポイントがいくつかあります。ポイントを押さえて申し込んだ後は、審査に通過する事を期待して待ちましょう。
また、審査に通過しない金融機関があっても、別の金融機関のローン審査には通過する事が多々あります。

住宅ローン審査の基準

住宅本舗 編集部

住宅本舗 編集部

日本で唯一複数の金融機関に一括で住宅ローンの審査申し込みができる特許を持っている“住宅本舗”が、住宅ローンをはじめとした住宅購入に役立つ情報や世の中の人の傾向をコラム・アンケート記事配信していきます。
また住宅本舗では、住宅ローンの一括審査申し込み以外にも、ファイナンシャル・プランナーによるライフプラン相談サービス、火災保険一括見積もりサービス、また、住宅本舗からの様々な情報をお知らせするメールマガジンもございます。そちらもぜひ合わせてご利用ください。

自営業・個人事業主の定義

自営業者とは、法人に所属せずに自ら事業を行い確定申告をしている人の事を指します。個人事業主とも呼ばれています。一般的に、個人事業主が住宅ローン審査に通りにくいと言われる理由は、収入が安定していない為だと言われています。住宅ローンの審査では、収入がいくら高くても、自営業者であるだけでマイナス査定につながる事もあります。

近年では個人事業主であっても、比較的審査に通過しやすいローンが登場しています。審査に通りやすいローンでは、個人事業主であっても一般的な審査と同じく、収入に対する借り入れ額の割合や信用情報機関の情報などで審査が行われます。また、独立してから間もない方などは、確定申告の書類が1年分でも審査してくれる場合もあります。

自営業・個人事業主・経営者は頭金・自己資金を多めに用意

自営業者が住宅ローン審査に通過する確率を高めるひとつに、頭金を多めに準備しておく事が挙げられます。頭金が多いと借り入れ額や月々の返済額を抑える事もできますし、審査で金融機関に与える印象も良くなります。
通常、自営業者は審査の必要書類として3年間の確定申告書類を提出し、その平均年収が金融機関の審査基準年収に達していない場合は審査に通らないと言われています。各金融機関によって、基準となる平均年収には違いがありますが、安定した収入が継続的にある事を示さなければいけません。

安定した収入が確保できていても、審査により通りやすくする為には自己資金を多めに貯めておきましょう。また、その他のローンなどで抱えている負債は、できるだけ減らしておく事も大事なポイントです。

審査に落ちた自営業・個人事業主・経営者の方は相談を

住宅ローンの審査に落ちた経験がある自営業者などは、ファイナンシャルプランナーに1度相談するのも良いでしょう。審査基準は各金融機関で違いますし、その内容も明らかにはなっていません。しかし、ファイナンシャルプランナーに相談する事で、現在の問題点や解決方法が見つかる事も多いです。

相談では、住宅ローンだけでなく、生活に関するあらゆるお金の事が相談できます。また、相談内容から長期的な計画を立ててくれますので、ローンを利用する為に必要な様々なアドバイスがもらえます。

ライフプランを立ててもらう事により、ローン返済に捻出できる額を把握できたり、アドバイスに従い経費削減後に確定申告をした事で借り入れが可能となったりと、特に自営業者にはファイナンシャルプランナーは強い味方です。

住宅ローンに関するFPへの相談はこちら

◆参考記事:
個人事業主の悩み解決する住宅ローン
自営業の方必見!住宅ローンの借入先はどこが多い?
教えて!住宅ローンの審査に落ちたことはありますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

注文住宅・ハウスメーカー・工務店への一括資料請求サービス

一度の情報入力で、複数のハウスメーカーや工務店の最新注文住宅カタログを入手!
登録は最短2分程度のため、これから注文住宅を検討されている方に人気のサービスとなっております。