転職したら住宅ローンの審査に通りづらくなる?

金融機関などから住宅ローンによる借り入れを行う場合、審査に通る必要があります。
その際に注意しておきたいのが、転職による影響です。
転職により住宅ローンの事前審査が通りにくくなるのかなどについて、詳しくご説明します。

住宅ローン審査の基準

住宅本舗 編集部

住宅本舗 編集部

日本で唯一複数の金融機関に一括で住宅ローンの審査申し込みができる特許を持っている“住宅本舗”が、住宅ローンをはじめとした住宅購入に役立つ情報や世の中の人の傾向をコラム・アンケート記事配信していきます。
また住宅本舗では、住宅ローンの一括審査申し込み以外にも、ファイナンシャル・プランナーによるライフプラン相談サービス、火災保険一括見積もりサービス、また、住宅本舗からの様々な情報をお知らせするメールマガジンもございます。そちらもぜひ合わせてご利用ください。

転職に関わらず金融機関が住宅ローンの審査時にチェックする項目

住宅を購入する際に、住宅ローンを組むことが一般的です。ただし、住宅ローンの購入資金を銀行など金融機関から借りるためには、審査に通過することが必須になってきます。たとえ住宅ローンを組みたいと考えていても、審査に通過しなければ借り入れができません。住宅ローンの審査の際に転職を行った場合、審査通過に影響する可能性があります。

金融機関などでの審査の項目として、年収や職場での勤続年数などが検討の対象となります。これらの条件は、借り主が安定した収入を今後も継続して得られるかどうかをチェックするためのものです。これは転職に関わらず、この条件に抵触する場合には、借り入れが難しいケースが出てきます。

転職直後の住宅ローンの借り入れ審査は難しい場合がある

住宅ローンの借り入れの際に行われる審査は、転職による影響を受けやすい傾向にあります。
特に、転職した直後の場合、審査時に厳しくチェックされる可能性があります。住宅ローンの借り入れ時におけるチェックの項目として勤続年数があり、職場を変えるとすればその点で不利と考えられます。これは勤続年数の少なさから、収入のリスクを考慮したものです。一般的に勤続年数が長いほど、安定して収入が得られる傾向が強いです。頻繁に職場を変える人物は、収入が不安定と判断されがちです。
住宅ローンを組むタイミングと転職のタイミングは慎重に検討されることをおすすめします。

住宅ローンの借り入れ審査と転職のタイミングは慎重に

住宅ローンを利用する際、借り入れ審査のタイミングと転職のタイミングを上手く見計らうことが大切です。審査では勤続年数の事実が影響するため、どのタイミングで職場を変えたのかが重要なポイントです。

もし住宅ローンの審査が通った直後に転職した場合、借り入れを申し込んだ金融機関に悪い印象を与えがちです。職場を変えた事実が借り入れの条件に不利であるため、計画的に実行したと受け取られかねません。信頼を損なうのは、借り主にとって得策ではないです。そのためできれば、転職と住宅ローンで資金を借り入れる時期については、十分に空けた方が望ましいです。事前に仕事選びや住宅購入のライフプランを立てた上で、時期を慎重に見計らう必要があります。

◆参考記事:
転職した場合の住宅ローン審査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加