住宅ローンの審査基準・審査項目~自営業・個人事業主の場合~

住宅ローンの審査基準は、会社員と自営業では審査内容が大きく違います。
自営業の方の審査基準は一体何か事前に知っておくことで、個人事業主の方でも住宅ローンに安心して入ることが出来るでしょう。

住宅ローン審査の基準

住宅本舗 編集部

住宅本舗 編集部

日本で唯一複数の金融機関に一括で住宅ローンの審査申し込みができる特許を持っている“住宅本舗”が、住宅ローンをはじめとした住宅購入に役立つ情報や世の中の人の傾向をコラム・アンケート記事配信していきます。
また住宅本舗では、住宅ローンの一括審査申し込み以外にも、ファイナンシャル・プランナーによるライフプラン相談サービス、火災保険一括見積もりサービス、また、住宅本舗からの様々な情報をお知らせするメールマガジンもございます。そちらもぜひ合わせてご利用ください。

自営業者・個人事業主が民間の住宅ローン審査基準を満たすのが難しい

自営業などの個人事業主の方が民間の住宅ローンの審査を通るのは難しいことです。
それは毎月の決まったお給料が保証されないことや総合的な収入が黒字続きになる保証がないなど、収入面の心配があるためです。

個人の方の収入を証明するのは確定申告一択です。確定申告を3年間行った状態で初めて住宅ローンの審査を受けることができます。この収入の証明ができなければローンの審査を受けても審査には通りません。

審査では収入面だけでなく事業内容について調べられる可能性もあります。それは倒産などの恐れがないか、事業が一過性のものではないかという調査です。それらによって審査の判定も変わります。自営業の方の審査基準は様々なところを見なければならないので厳しい審査となっているのが現実です。

自営業者・個人事業主でも通る審査基準の住宅ローンはフラット35

個人事業主の方のために作られたと言っても過言ではない住宅ローンがフラット35と言うプランです。
このプランは自営業の方にはありがたい、保証人がいらないという設定があります。そのおかげで審査基準は格段に緩くなっています。

しかし、その分民間のローンよりも事務手数料や金利が高いと言った点があります。ですが、保証料も無料なのでローンを組めることを考えれば事務手数料などが少々高いにしても断然個人事業主向けのプランとなっています。

民間のローンとの差は金利が固定か変動かと言う点と諸費用の点、そして一番は審査基準が民間ほど厳しくないと言う点です。これらの違いを踏まえて自分にはどのローンが相応しいかを考えてみてください。

自営業者・個人事業主の方で住宅ローンに通らない方はご相談を

自営業の方でどうしても審査に通らないとお困りの方もたくさんいるかと思います。

フラット35はそんな方のために作られたローンプランになっています。住宅ローンには変わりないので厳しく審査することは同じなのですがその基準が自営業の方向けになっており、困っている方でも審査に通りやすい仕組みになっています。もちろん返済の滞納や赤字続き、確定申告書がないと言うことになると難しいかもしれませんが、そうでなければ大抵の場合は力になってもらえるプランです。

住宅ローンは多額の借り入れになる人が大半かと思います。多額のお金を借りるということは簡単なことではないことを念頭に置いて、ローンの審査を受けましょう。民間の審査で通るのに越したことはありませんが、個人事業主の方で民間のローンが難しい方は一度フラット35などのプランを検討してみてはいかがでしょうか。

◆参考記事
住宅ローンフラット35の魅力
住宅ローンに関するFPへの相談はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

注文住宅・ハウスメーカー・工務店への一括資料請求サービス

一度の情報入力で、複数のハウスメーカーや工務店の最新注文住宅カタログを入手!
登録は最短2分程度のため、これから注文住宅を検討されている方に人気のサービスとなっております。