借金がある人の住宅ローンの審査基準・審査項目~返済比率について~

住宅ローンの審査基準には年収や勤続年数など返済能力に関する点が挙げられます。
そこで他にローンや借金を抱えている場合に住宅ローンでどのように審査されるのか考察していきます。
また借金がある場合の対応策についてもご紹介していきます。

住宅ローン審査の基準

住宅本舗 編集部

住宅本舗 編集部

日本で唯一複数の金融機関に一括で住宅ローンの審査申し込みができる特許を持っている“住宅本舗”が、住宅ローンをはじめとした住宅購入に役立つ情報や世の中の人の傾向をコラム・アンケート記事配信していきます。
また住宅本舗では、住宅ローンの一括審査申し込み以外にも、ファイナンシャル・プランナーによるライフプラン相談サービス、火災保険一括見積もりサービス、また、住宅本舗からの様々な情報をお知らせするメールマガジンもございます。そちらもぜひ合わせてご利用ください。

借金がある人の住宅ローン審査基準は返済比率

自分は消費者金融などから借金をしていないから大丈夫と勘違いしている方も稀にいますが、車や学資ローン・クレジットカードのキャッシングなども借金扱いになりますので注意します。

住宅ローンの審査基準に返済比率があり、借金がある場合は年収における比率をチェックします。概ね年収が400万円未満では約30%以内・400万円以上では約35%以内に返済比率が収まるかどうかを金融機関は確認します。例えると年収400万円で30%以内に収めるなら借金は申請中の住宅ローン分を含めて年間120万円以内であると言う事です。

バレないだろうと借金がないと虚偽申告をする方もいますが、全ての金融機関は個人信用情報機関に問い合わせるので嘘はバレますし虚偽申告で信用を失う方が問題です。

消費者金融やクレジットカードでのキャッシングは住宅ローン審査基準に通らない

消費者金融やクレジットカードのキャッシングを利用していると適切に利用していても住宅ローンの審査基準に達しない可能性が高まります。

まず消費者金融は銀行側からすると審査が甘いので、なぜそこから借り入れているのか変な勘ぐりを受けてしまいます。金利も対応も銀行とあまり変わりませんが借り入れやすい点が仇になってしまいます。

またクレジットカードのキャッシングは借金が複数に跨る可能性があり、多重債務と判断されかねませんので注意します。また適切に返済していても頻繁に借り入れていたり、一度でも延滞など返済事故を起こしていると個人信用情報機関に記載されますので住宅ローンの審査に落ちたけど心当たりがないと言う方は一度確認してみた方が良いですね。

借金があるが住宅ローンを組みたい方はファイナンシャルプランナーへ相談

住宅ローンを組もうと考えているが他にローンがある又は消費者金融から僅かだが借り入れているなど、不安要素を抱えている方はいませんか?

対応策として借金を返済などで減らす・評価を下げないよう銀行などに一つにまとめる・不要なクレジットカードのキャッシング枠も影響するので解約するなどが挙げられます。

またローンの申請金額を減らしたり返済期間を延長するなど返済比率を低くさせる事も可能ですが、詳しい状況は個人差がありますので専門のファイナンシャルプランナーに相談してみるのも良いですね。無理のない返済計画が可能ですし、素人では判らない情報なども教えてくれるので少しでも不安要素を抱えているなら相談して損はないでしょう。

住宅ローンに関するFPへの相談はこちら

◆参考記事:100人へのアンケート調査
教えて!住宅ローンの審査に落ちたことはありますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

注文住宅・ハウスメーカー・工務店への一括資料請求サービス

一度の情報入力で、複数のハウスメーカーや工務店の最新注文住宅カタログを入手!
登録は最短2分程度のため、これから注文住宅を検討されている方に人気のサービスとなっております。