きっと見つかる!最適な住宅ローン!住宅ローン借り換えランキング

9月度

【人気おすすめランキング】 29選
(掲載商品858件から厳選!)

金利、総支払額、保証料、事務手数料、団信、借入可能額、審査期間など12項目の比較が可能です!

金利、総支払額、保証料、事務手数料、団信、借入可能額、審査期間など12項目の比較が可能です!

【人気おすすめランキング】変動金利

【人気おすすめランキング】固定金利10年

【人気おすすめランキング】固定金利15年

【人気おすすめランキング】固定金利20年

【人気おすすめランキング】固定金利30年

【人気おすすめランキング】フラット35

おすすめ関連Q&A

Q住宅ローンの借り換えでおすすめな住宅ローンを教えてください。
A

115社の住宅ローン商品から徹底比較した、おすすめ人気の住宅ローン1位は「auじぶん銀行」です。最安金利水準+団信保障とでトップクラスの住宅ローンです。がんと診断されたらローン残高が半額になる「がん50%保障」と、がん以外の病気やケガで入院した場合、月々の返済が保障され、入院が継続すればローン残高が0円になる「全疾病保障」も無料で付いている。この点が他の銀行にはない最大の強みです。

Q住宅ローン借り換え時の比較ポイントは?
A

借り換えの比較ポイントは、借り換えによるメリットがしっかり享受できているかがポイントになってきます。

●借り換えによるメリット
【総返済額の圧縮効果】金利の低いものへ借り換えることで、住宅ローンの総返済額が減らすことができます。
【返済期間短縮効果】毎月の返済額は変更せずに、残りのローンの返済期間を短くすることができます。
【毎月の返済額軽減効果】借り換えにより、毎月の返済額を減らすことができます。

借り換えることにより、現在借りている住宅ローンをよりもお得になるように住宅ローンを選ばなければなりませんので、上記メリットを教授できているかが比較ポイントになってきます。

また、住宅ローンの借り換えは返済額を低くすることや期間を短くするだけではありません。
今後の病気やケガを考慮して、現在借りている住宅ローンの団体信用生命保険よりも手厚い保障にすることも借り換え時の比較ポイントになってきます。
住宅本舗では、借り換えの徹底比較ガイドや団体信用生命保険の徹底比較ガイドを掲載していますので、しっかりチェックしておきましょう!

団信徹底比較ガイドはこちら

Q住宅ローン借り換え時の注意点とは?
A

借り換えに際しては金利だけに目がいってしまいますが、諸費用も含めてシミュレーションすることが大切です。
住宅ローンの借り換えでは多くの人が期待しているように、今のような低金利においては借り入れから1年後の借り換えでも金利差次第では総返済額を軽減できるケースがあります。

しかし、借り換えには新規で借り入れする場合とほぼ同様の諸費用がかかります。
借り換えのシミュレーションは各銀行などの金融機関のHPから簡単にできますが、その際忘れてならないのがこの諸費用です。

諸費用抜きで試算しても本当の借り換えの効果は見えてきません。
さらに銀行などの金融機関によって借り換えに必要な諸費用が異なりますので、それら諸費用を含んだ実質金利で総返済額を比較することが重要です。
借り換えの諸費用の中でも以下の3点は負担が大きい費用といえます。

  • 保証料
  • 融資事務手数料
  • 団体信用生命保険料(団信)

詳しくはこちら

Q団体信用生命保険とは?
A

団体信用生命保険とは住宅ローンの契約時に加入する保険です。保険の内容は、ローン契約者が死亡または高度障害状態になった場合、 残りのローンの返済を保険金で完済する制度です。

ローンを組む時に、多くの金融機関で加入が義務付けられています。保険料は金利に含まれるため、基本的にお客さまの費用負担はありません。

一方、最近では通常の団信(死亡保障)に加え、医療・疾病保障のがん、3疾病、7疾病団信など、 様々な病気やケガに備えた団信へのニーズも高まり、各社のラインナップも充実してきています。

詳しくはこちら

Q団体信用生命保険は何に入ったらいいか分からないです。おすすめを教えて欲しいです。
A

1位 auじぶん銀行(一般団信+がん50%保障+全疾病保障)
2位 ソニー銀行(一般団信+がん50%保障団信)
3位 りそな銀行(医療従事者に大人気の団信革命)
1位2位は保険料無料の金利上乗せなしで加入できます。3位は0.3%上乗せですが、手厚い保障で人気です。

詳しくはこちら

Q住宅ローン借り換えのタイミングは?
A

借り換え時には、新規借入と同様に事務手数料や保証料、団体信用生命保険料が必要になり、これらの諸費用も考慮して借り換えを検討する必要があります。金利の差や諸費用に加えて、現在借り入れているローン残高と返済残年数も確認しないといけません。残高や返済残年数によっては借り換えをしてもそれほどお得にならないという場合もあるので、借り換えをしてもお得になるタイミングを見極めましょう。

一般的に「ローン残高が1,000万円以上」「残年数10年以上」の人であれば、借り換えをしても得をすると言われていますので、この基準を満たしている人は借り換えるタイミングと言えるでしょう。

借り換えのシミュレーションをご希望の方はこちら

Q住宅ローン借り換え時には審査はあるの?
A

住宅ローンを借り換える際も審査があります。
ただ、新規で住宅ローンを借入した際とは少し審査内容に注意が必要です。
借り換え審査を申し込む際には次の点に気をつけましょう。

  • 財形住宅融資などの公的住宅ローンへ借り換えはできない
  • 借り換え申請時に健康状態が悪化していると、借り入れ条件である団体信用生命保険に加入ができないため、借り換えができない場合がある
  • 車のローンや教育ローンなど他のローンの借り入れにより返済負担率(※)が増えている場合も借り換えの審査が通りにくいケースがある

詳しくはこちら

Q住宅ローンを借り換えるメリットは?
A

住宅ローンの借り換えの目的は、今の住宅ローンから条件の異なる別の住宅ローンに借り換えることで、返済額を減らすことです。
借り換えによるメリットは以下3つの効果があります。

●借り換えによるメリット
【総返済額の圧縮効果】金利の低いものへ借り換えることで、住宅ローンの総返済額が減らすことができます。
【返済期間短縮効果】毎月の返済額は変更せずに、残りのローンの返済期間を短くすることができます。
【毎月の返済額軽減効果】借り換えにより、毎月の返済額を減らすことができます。

住宅本舗では全国115以上の住宅ローンから借り換えメリットをシミュレーションして、仮審査の申し込みができます。
【借り換え】総支払額シミュレーションはこちら

Q住宅ローンを借り換えるメリットがあるかシミュレーションすることは可能?
A

住宅本舗では総支払額シミュレーションをご用意しております。
借入残高や返済残期間、現在の金利をご入力することで、今よりもお得になる住宅ローンをランキング形式でご確認いただけます。
総支払額シミュレーションはこちら

また、人気おすすめの主要住宅ローンの総支払額チェックも可能です。こちらは団体信用生命保険料も含めた総支払額のチェックが可能です。
人気おすすめ住宅ローンの総支払額をチェックする方はこちら

総支払額チェック

補足

総支払額チェックは、ページ遷移後、赤枠の箇所からチェックが可能です。

総支払額チェック