あなたの住宅ローン、今のままで大丈夫ですか?
住宅ローンの比較をして
金利上昇リスクに備えよう

将来を考えるなら今すぐ! 有利な住宅ローンを比較検討される方が急増中!

金利が上昇しはじめた今が最後のチャンス! 今の住宅ローンで将来大丈夫なのか検討しましょう!

POINT1 長期固定金利に借り換える最後のチャンス!? 金利上昇!?

最近の経済ニュースでは、いわゆる「アベノミクス」効果が住宅ローンに与える影響について、取り上げられることが多くなっています。
今後、長期金利は少しずつ上昇していくと見られています。
長期金利が上がると住宅ローンの固定金利が上がります。現在住宅ローンを変動金利で借りていて、将来は固定金利で借り換えようと考えていた人にとって、借り換える予定の固定金利が上昇するということになります。
つまり、借り換え自体が将来難しくなる可能性があります。固定金利に借り換えて将来のリスクに備えたい場合、いまは最後のチャンスであると言えます。
長期金利と短期金利の推移
緑線:10年国債 赤線:短期プライムレート今後金利が上昇する!?

出所:10年国債=国債金利情報(財務省)/短期プライムレート=長・短期プライムレート〔主要行〕(日本銀行)

住宅ローン借り換えを検討していない方が約3割!

【借り換えをしていないユーザー】借り換えの検討・予定

検討・予定している 73.9%
検討・予定していない 26.1%

※2010年11月 ウェブクルーリサーチ調べ

2013年以降、住宅ローンの新規お借り入れ借り換えどちらもお問い合わせが非常に増えています。長期金利が空前の低金利で推移している中、今後金利が上昇すると見られているためです。しかし住宅ローンの借り換えを検討していない方がまだまだいらっしゃいます。

金利が上昇しはじめた今、将来のリスクを減らし安心感を得るため、有利な住宅ローンに見直しましょう!

金利が上昇しはじめた今が最後のチャンス! 金利上昇時のリスクに備えましょう!

POINT2 住宅ローンは、比較することが大事! 条件を比較して選ぶ!

金融機関によって、借入条件が大きく異なります。「自分に一番良い住宅ローンが何か」は、審査結果が出てから借入条件も含めて検討する必要があります。
住宅ローン選びのポイント 複数の金融機関へ一度に申し込む!
審査を通過しても、お客様の状況により借入条件が金融機関ごとに大きく異なります。しっかり比較・検討することでより良い条件で利用しましょう!
比較ポイント 金融機関によって異なる
でも借り換えは手続きが大変なのでは?

借り換えを検討する流れの中で最初の難関となるのが、「どこに借り換えするのか」ということでしょう。 通常、各金融機関にわざわざ電話で確認したり、ホームページで調べたりしなくてはいけません。

住宅本舗の「住宅ローン一括審査申込みサービス」では、ご自身の情報を入力していただくだけで金融機関が表示され、金利や諸費用など諸条件の比較も簡単にできます。さらに、審査書類の請求もそのままできるようになっているので、手軽に手続きができます。

金融機関を選ぶ際に便利
住宅ローン一括審査申込みサービス

希望条件に合った複数の金融機関に一括で審査申込みを行えるサービスです。お借入れ条件を入力するだけで、無料にて簡単にご利用いただけます。
STEP1 ウェブから必要事項を入力してお借り入れ候補金融機関を確認STEP2 各金融機関に一括で審査申込み(無料)STEP3 各金融機関からの審査結果を比較検討STEP4 最適な金融機関に申込み
住宅ローン見直しの際に面倒なのが、各金融機関への審査申し込み。審査期間として1ヵ月近く必要になるだけでなく、各金融機関によって審査基準が異なりますので、万が一審査が通らなかった場合のことも考えて、予め複数の金融機関に仮審査を申し込んでおきましょう。 住宅本舗の「住宅ローン一括審査申込みサービス」は、そんなときに役立つ無料サービスです。必要事項を入力したあと、表示された金融機関を選ぶだけで一括で審査を申し込めますので、住宅ローンの見直しを検討されている方におすすめです。 今なら専門のファイナンシャルプランナーに無料相談するオプションも選べます。

金利が上昇しはじめた今が最後のチャンス! 一度に複数の金融機関に審査を申込みましょう!

-->

POINT3 住宅ローン借り換え成功事例 数百万円の節約にも!

住宅ローンを借り換えることで約700万円の節約になった事例をご紹介します!

以下に1つでも当てはまる方は金利負担減の可能性があります 残高1,000万円以上、保存期間10年以上、2009年以前にお借り入れ
全期間固定3.5%(金利)から3年後に同じく全期間固定2.5%(金利)にお借り換えした場合
借り換え前
借り換え後

月々のお支払18,206円の節約 支払総額691万1,643円の節約に成功!

利用者様の声

複数の金融機関へ申し込みを行い、条件が一番よかった所と契約しました。
その結果、同じ全期間固定金利で、金利を1%減らすことに成功しました。
たった1%減っただけで、総支払額が大きく軽減したことに驚きました!
借り換えの際は、手続き関係の書類をそろえる手間がありましたが、それ以上に借り換え後のメリットが大きかったので満足しています。節約できたおかげで、子供の習い事を増やすことができました!

まずご自分がいくら節約できるか確認してみましょう!

一括審査申し込み対応金融機関
  • 住信SBIネット銀行
  • ソニー銀行
  • 東京スター銀行
  • 新生銀行
  • 常陽銀行
  • ORIX
  • 楽天銀行
  • セゾンファンデックス
  • じぶん銀行