住宅ローン減税!確定申告で所得税額から控除のこと知っている?

住宅ローンを借りて住宅を購入した時に、金利の負担を減らしてくれる制度として住宅ローン減税制度がありますよね。
毎年、年末に住宅ローンの残高などを対象に10年にわたって所得税から控除されるというものですが、
これは確定申告をして初めて適用されるものなので、知らないでいると還付されないことになってしまいます。
この制度のことを、皆さん知っているかちょっと気になりますよね。そこで、アンケートを取り調べてみました。

住宅ローン控除・減税の仕組み

住宅本舗 編集部

住宅本舗 編集部

日本で唯一複数の金融機関に一括で住宅ローンの審査申し込みができる特許を持っている“住宅本舗”が、住宅ローンをはじめとした住宅購入に役立つ情報や世の中の人の傾向をコラム・アンケート記事配信していきます。
また住宅本舗では、住宅ローンの一括審査申し込み以外にも、ファイナンシャル・プランナーによるライフプラン相談サービス、火災保険一括見積もりサービス、また、住宅本舗からの様々な情報をお知らせするメールマガジンもございます。そちらもぜひ合わせてご利用ください。

住宅本舗は1回で最大6銀行まで一括仮審査申込
最大6銀行に住宅ローン一括仮審査申し込み!住宅本舗は約60銀行から一括比較!
住宅ローン減税!確定申告で所得税額から控除のこと知っている?

【質問】
住宅ローンで家を建てる際、定められた金額をその年分の所得税額から確定申告で減税できる事を知っていますか?
【回答数】
はい:66
いいえ:34

知っている人が多い!66%の人が「はい」と回答!!

アンケートの結果、「はい」と回答した人が66%となりました。

・友人に教えてもらった。確定申告を必ずするよう教えてもらった。(30代/女性/専業主婦主夫)

・住宅を購入する際に、住宅メーカーの営業担当の方から説明を受けました。(40代/女性/専業主婦主夫)

・住宅ローン減税で建てた年で減税額が違うが、かなりの控除額になる。(40代/男性/無職)

・いろんな住宅控除がありみんな確定申告をしていますね。面倒だけど(30代/男性/会社員)

・10年以上前に家を建て、住宅ローン減税の確定申告をした経験があるから。(30代/女性/専業主婦主夫)

住宅ローンの控除制度があることを教えられて、確定申告をしているという声が多く聞かれ、かなりの金額が還付されることから関心が高いことがうかがわれました。手続きが面倒との声もありましたが、確定申告はキチンとしているようで、負担軽減となることから多くの方は関心を持っているようです。建てた年で減税額が違うという意見もあり、制度の内容をよく理解している様子がうかがわれます。

住宅ローンを組まないと関心がない!?知らない人が34%!

アンケートの結果、「いいえ」と回答された方が34%となりました。

・知りませんでした。まだ住宅を購入できるだけの資金力がないし。実家で充分(30代/女性/パートアルバイト)

・全く知らなかったです。サラリーマンなので、確定申告は全く関係ないものだと思い込んでいました。(30代/女性/自由業・フリーランス)

・住宅ローンを組もうと思ったことがなかったので、知りませんでした。(40代/女性/パートアルバイト)

・その年分の所得税額から確定申告で減税できるのではなく、翌年分の所得税から減税できると勘違いしてました。(50代/男性/自由業・フリーランス)

ローンを組んだり申込んだことがないので、知らないという方が多く見受けられ、自分に関係ないと関心が低くなることがうかがわれました。ローンを組むという立場に立って初めて関連のあることの情報に目が向くのかもしれません。
中には、翌年からの所得税からの減税と勘違いした人もおり、内容をよく確認することやハウスメーカーなどの業者から詳しく聞くことなども必要なようですね。

住宅ローン減税制度を確認!確定申告で賢く利用!

今回のアンケートでは、確定申告で減税ができることを知っている人が6割以上いることが分かりました。
回答した多くの人は、実際に住宅ローンを組んでいる人や住宅ローン減税制度に興味がある人のようで、税金が還付されることに高い関心を持っているようでした。
しかし、知らない人も意外と多く、自分に直接関わってこないと関心も開かないようです。
この制度は、年によって控除額も変わるようなので内容をしっかり確認し賢く利用したいものですね。

調査地域:全国
調査対象:年齢不問・男女
調査期間:2015年04月23日~2015年05月07日
有効回答数:100サンプル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加