住宅ローン減税、中古物件も適用されるのを知ってますか?

みなさんは、住宅ローン減税の対象に中古住宅も含まれていることをご存知ですか。
中古住宅の場合は、新築住宅の適用条件に加え、建築年代や耐震機能が一定水準を満たしていることが必要となります。
ローンをお得に利用するためにも知っておきたい情報ですが、実際にこの制度を知っている方はどれほどいるのでしょうか。
アンケートで調査してみました。

住宅ローン控除・減税の仕組み

住宅本舗 編集部

住宅本舗 編集部

日本で唯一複数の金融機関に一括で住宅ローンの審査申し込みができる特許を持っている“住宅本舗”が、住宅ローンをはじめとした住宅購入に役立つ情報や世の中の人の傾向をコラム・アンケート記事配信していきます。
また住宅本舗では、住宅ローンの一括審査申し込み以外にも、ファイナンシャル・プランナーによるライフプラン相談サービス、火災保険一括見積もりサービス、また、住宅本舗からの様々な情報をお知らせするメールマガジンもございます。そちらもぜひ合わせてご利用ください。

住宅ローン減税、中古物件も適用されるのを知ってますか?

【質問】
中古住宅も住宅ローン減税の対象になることをしっていますか?

【回答数】
いいえ:55
はい:45

住宅ローン減税は新築のみ対象?間違ったイメージ定着?

アンケートでは、「いいえ」と答えた方が多数派となりました。

・親は中古住宅を住宅ローンで購入したが、自分は未経験で詳細まで知らない。(40代/男性/会社員)

・住宅ローンの知識が乏しいので、中古住宅ローンのことまでは分かりませんでした。(30代/女性/専業主婦)

・中古住宅は購入することを考えていませんので、詳細はわかりませんね・・・。(40代/女性/パートアルバイト)

・なんとなく新築住宅に限るものだと思っていたので、知りませんでした。(30代/女性/専業主婦)

・中古のことは考えたことが無かったので知りませんでした。家は新品に限ります。(30代/女性/パートアルバイト)

制度を知らない方の多くは、「住宅ローン制度そのものを知らなかった」「または中古住宅住宅に興味が無いので知らない」のどちらかに大別されるようです。
「なんとなく新築住宅に限るものだと思っていた」との回答が象徴しているように、「住宅ローン減税=新築のみ対象」という間違ったイメージが、生活者の中で固定観念として定着していることもうかがえます。

居住実態や床面積…制度の適用条件にも注目しよう!

一方、「はい」と答えた方は少数派となりました。

・以前中古住宅の購入を考えていた時期があり、住宅ローン減税の対象になることを調べていたから。(30代/男性/会社員)

・知っています。ただ、時代によっていろいろ制度が変わるようです。購入する際は適応の要件を知っていた方が良いと思います。(50代/女性/専業主婦)

・築年数とか広さや住居用に限る等の条件が付いていますが、借りれるものは借りたいです。(60代/男性/無職)

・ニュースで聴いていた。後はどの物件で一生を暮すのかをしっかり考える事。(30代/男性/会社員)

・条件はよくわからない。最初から新築マンション狙いで詳しく調べなかった(40代/女性/会社員)

中古住宅の購入を検討した方は、制度についてよく調べている回答が目立ちます。住宅ローンの利用によって住宅の取得がより手軽になるので、生活の知恵としてメディアで紹介しているのを見聞きした方もいるようです。ただし、適用条件として耐震基準を満たしているのはもちろん、居住していることや一定の床面積も満たさなければ対象とならないので、例えば一人暮らし用に購入する方は制度の適用範囲となるのか確認したいところです。

制度が変更してゆく可能性もある?チェックを欠かさずに!

住宅ローン減税が、一定基準を満たした中古物件も対象となっていることを、半数以上の方が「知らない」と答える結果となりました。
中には制度を知っている、知らないに関わらず「中古物件に興味が無い」と答えた方も散見できました。「家は新品に限ります」との回答があるように、生活者は住宅を新築で建てたいという根強い思いがうかがえます。ただ、近年はリノベーション技術も浸透して中古住宅も一定の支持を得ている時代です。今後も住宅ローン減税をめぐる制度環境が変わる可能性もありますので、制度を有効活用できるように情報のチェックを欠かさないようにしましょう。

調査地域:全国
調査対象:年齢不問・男女
調査期間:2015年10月21日~2015年11月04日
有効回答数:100サンプル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加