火災保険の乗り換えポイント

火災保険は一度加入し、その契約を続けていれば安心というわけではありません。
ライフスタイルの変化や年齢に合わせて見直す必要があります。
また、火災保険の乗り換えをすることで発生するメリット、デメリットを考慮した上で保険を選ぶことが大切です。

火災保険の見直しのポイント

住宅本舗 編集部

住宅本舗 編集部

日本で唯一複数の金融機関に一括で住宅ローンの審査申し込みができる特許を持っている“住宅本舗”が、住宅ローンをはじめとした住宅購入に役立つ情報や世の中の人の傾向をコラム・アンケート記事配信していきます。
また住宅本舗では、住宅ローンの一括審査申し込み以外にも、ファイナンシャル・プランナーによるライフプラン相談サービス、火災保険一括見積もりサービス、また、住宅本舗からの様々な情報をお知らせするメールマガジンもございます。そちらもぜひ合わせてご利用ください。

住宅本舗は1回で最大6銀行まで一括仮審査申込
最大6銀行に住宅ローン一括仮審査申し込み!住宅本舗は約60銀行から一括比較!

火災保険を乗り換えるタイミング

火災保険を乗り換えるタイミングはいくつかあります。

まず、親元を離れて独立するときです。アパートやマンションを借りるとき、契約を結ぶために火災保険の加入を条件としている場合が多いからです。次に、結婚するときです。家族が増えることで、それまで住んでいた場所から広い場所に引っ越す必要が出てくるでしょう。また、家財の量や必要な大きさが1人暮らしのときとは変わります。そのため、保険を変える必要があるのです。
そして、子供が生まれたときも同様です。子供のための家財が増えたり、更に広い住まいに移動することになれば、そのときに保険を見直すことが必要です。住宅を購入するということになれば、アパートやマンション用の保険と戸建て用の保険は違いますので、また新しく保険に加入することになります。子供が成長し、独立したら今度は減額する方向で見直しするのがオススメです。

火災保険の乗り換えのメリット

火災保険を乗り換えるメリットは最新の補償を持つことができるということです。長期契約の火災保険に加入した方が、割引がされてお得だろうと考えている人は少なくないでしょう。もちろん、保険料の面で言えば長期契約の保険の方が安くなりますが、保険会社も現在の住宅事情や建物災害の現状に合わせて商品開発をしています。そのため、結婚や出産、子供の独立といったライフイベントがあったらその度に見直しをする方が、手厚く、適切な範囲の補償を得られます。

長期の保険の契約をしてまとめて保険料を支払い、途中で解約した場合、残りの年月分の保険料はかなりの部分が返戻金として戻ってきますから、保険料が丸ごと損になるということもありません。

火災保険の乗り換えのデメリット

火災保険乗り換えのデメリットは、保険料が高くなる場合が多いということです。
長期契約の火災保険は、年払いや月払いに比べるとトータルの保険料が割安になるのはよく知られています。また、契約期間が長くなればなるほど得です。
更に、保険会社は住宅事情や建物災害の現状を鑑みて商品開発をしていますが、近年は大きな災害や大地震の予測、物価などが影響して保険料値上げの方向に動いています。必ず値上げされるということではありませんが、一度解約すると解約前と同じ保険料で契約することは難しくなります。特に、2015年に10年を超える長期契約の引き受けは停止されましたので、新規に保険に加入した場合、割引率も最長10年までのものとなります。たとえば36年の長期契約を結んでいた場合、割引率が下がりますので、保険料が割高になってしまいます。保険料を重視する場合は、複数社に見積りをとり、検討するおとをオススメします。

【住宅本舗は複数社への火災保険見積もりをオススメします!】
火災保険のお見積もり!10社以上から最適プランをご提案!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加