リバースモーゲージは老後の支え

自宅に住みながら老後のお金を準備できる「リバースモーゲージ」。
自宅を担保に、担保評価額の一定の範囲内であれば、いつでもお金を借りたり、年金のように定期的に受け取ることができます。
何かと不安なシニアライフを手助けしてくれる「リバースモーゲージ」について解説します。

住宅ローンと老後の基礎知識

住宅本舗 編集部

住宅本舗 編集部

日本で唯一複数の金融機関に一括で住宅ローンの審査申し込みができる特許を持っている“住宅本舗”が、住宅ローンをはじめとした住宅購入に役立つ情報や世の中の人の傾向をコラム・アンケート記事配信していきます。
また住宅本舗では、住宅ローンの一括審査申し込み以外にも、ファイナンシャル・プランナーによるライフプラン相談サービス、火災保険一括見積もりサービス、また、住宅本舗からの様々な情報をお知らせするメールマガジンもございます。そちらもぜひ合わせてご利用ください。

「リバースモーゲージの公的と民間の違い」へ
「リバースモーゲージの活用法」へ
「リバースモーゲージの注意点」へ

気になる老後のお金のやりくり

いつかは迎えるシニアライフ。
主な収入を公的年金に頼る生活が続くなか、一番の心配はやっぱりお金のやりくりでしょう。
では実際、シニアライフの収支はどんな感じなのでしょうか。ここでは全国の平均値で見てみましょう。

総務省の「家計調査年報」(2013年平均速報結果)によると、高齢夫婦無職世帯(夫65歳以上・妻60歳以上)における、1ヵ月あたりの収入は21万4千円。
その一方、月々の生活費は、社会保険料の支払いを含め27万2千円かかるとされています。

このケースで考えると、毎月の不足額は約5万7千円。シニアライフの期間にもよりますが、基本的には長生きするほどこの赤字は拡大していく計算になります…

いかがですか?これまでしっかり預貯金を蓄えてきた人や、ある程度の退職金が見込める人はともかく、手持ちのお金が少ない人にとっては、ちょっと(かなり!?)心配な金額ですね。さらに、消費増税や今後の社会保障費の膨らみなどを見込むと、いま見た数字からさらに厳しさを増すことは、間違いなさそうです。

自宅に住み続けお金を得る

こうした老後資金に対する不安が現実味を帯びるなか、実際のシニア世代では、持ち家(自宅および土地)を活用した資金づくりを検討する人が増えています。

なかでもちょっとした注目を集めているのが、持ち家に住み続けながら、老後に必要なお金を準備することができる「リバースモーゲージ」というしくみです。

このリバースモーゲージは、持ち家を保有するシニア世代を対象にしたローン商品の一種で、一部金融機関や自治体などが取り扱っています。

持ち家を抵当(担保)に入れて、その担保評価額の一定の範囲内であれば、いつでもお金を借りたり、年金のような形で定期的に受け取ることができます。

また、お金の使い道は基本的に自由なので、生活費の補てんだけでなく、医療や介護への備え、趣味、旅行などの余暇にも利用可能です。金融機関が扱うリバースモーゲージは、比較的まとまったお金を借りることができるため、自宅のリフォーム資金などに利用されるケースも多いようです。

ちなみにローンと聞くと、毎月の返済が気になるところですが、リバースモーゲージの場合、基本的に本人の生存中はお金を返す必要がなく、死亡した時に貸し手が持ち家を売却して一括返済するしくみです(生存中の随時返済も可能)。
持ち家という資産を有効活用しながら、シニアライフで不足しがちな手持ち資金を補うことができます。

安心のシニアライフを応援してくれる「リバースモーゲージ」。次回から、具体的な商品を参考に詳しく見ていきましょう。

(記事提供:ニッキンマネー 2014年4月号 p20-p23)

東京スター銀行のリバースモーゲージ『充実人生』の資料請求はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加