住宅ローンと滞納(延滞)の関係について

通常のカードローンなどの支払いで長期間滞納(延滞)をすると、個人信用情報に事故情報が記載されて、ブラックリストに載ってしまうという話は聞いたことがあると思います。
住宅ローンでは家と土地に抵当権を設定しているので、通常のカードローンの滞納よりもはるかに大変なことになってしまいます。

住宅ローンを延滞している

住宅本舗 編集部

住宅本舗 編集部

日本で唯一複数の金融機関に一括で住宅ローンの審査申し込みができる特許を持っている“住宅本舗”が、住宅ローンをはじめとした住宅購入に役立つ情報や世の中の人の傾向をコラム・アンケート記事配信していきます。
また住宅本舗では、住宅ローンの一括審査申し込み以外にも、ファイナンシャル・プランナーによるライフプラン相談サービス、火災保険一括見積もりサービス、また、住宅本舗からの様々な情報をお知らせするメールマガジンもございます。そちらもぜひ合わせてご利用ください。

住宅ローンを滞納(延滞)したり滞納を続けるとどうなるか?

住宅ローンを滞納しても、すぐに家が差し押さえられたり競売にかけられるわけではありません。支払いの遅れが1ヶ月や2ヶ月ならば大丈夫です。ただし、遅延損害金はかかってきますし、個人信用情報に延滞の記録が残ってしまい、将来他のローンを組んだり、住宅ローンを借り換えようとするときに不利になってしまいます。
住宅ローンの滞納が長期にわたると、マイホームが差押えられて最終的には売却されてしまうことになります。金融機関によって異なりますが、一般的には3ヶ月以上ローンを延滞すると金融事故となって、期限の利益を失い、さらには保証会社がローン残高を一括で代位弁済します。すると債権者が借入した銀行から保証会社へと変わり、保証会社は競売の手続きを開始します。期限の利益は失っているので、ローン残高を一括返済できないと基本的にはマイホームの売却を避けることはできません。

住宅ローンを滞納(延滞)してしまった場合はどうすればよいか?

「口座に残高を用意しておくのを忘れていた」とか、「お金を使いすぎてしまったが、次の給料やボーナスが出たら解決する」といったように、一時的なものならば、以後は気をつけるようにすれば問題はありません。しかし、「現在の収入ではローンを返済していくことが厳しい」というような根本的な理由である場合には、すぐに専門家に相談をするべきです。
住宅ローン以外の借金で困っているのであれば、任意売却や個人再生をすることでマイホームを失わずに解決できる場合もあります。その場合は弁護士や司法書士に債務整理の相談をしましょう。住宅ローン自体に困っている場合には、返済していくことが難しいので、あとはマイホームをできるだけ高く売却することを考えましょう。任意売却なら競売になるよりもはるかに物件が高く売却できる可能性があります。

住宅ローンに関するFPへの相談はこちら

住宅ローンを借り入れる際の審査で滞納金(未払い金)の影響は大きい

「住宅ローンの負担が大きく支払いが厳しい。もう少し負担を減らしてもらえたら支払うことができる」という時には、もっと金利が低いところに「借り換え」をすることで解決できる場合があります。しかし、すでにローンを滞納してしまっている場合には、借り換え先の金融機関での審査がかなり厳しくなります。
滞納金(未払い金)がある場合には、ほぼ住宅ローンの審査には通りませんし、ローンの返済でたった1回延滞をしているだけでもかなり不利になってしまいます。このように、延滞をしてしまうと「住宅ローンの借り換え」という1つの選択肢が失われてしまう可能性があります。ローンの返済に困ったら、延滞をしてしまうような状況になる前に、できるだけ早い段階で専門家に相談をすることが大切です。

◆参考記事:
住宅ローンを組む時、苦労を感じたのはどんな事?

◆こちらの記事もチェック:
住宅ローンのオーバーローンとは?住宅購入時と任意売却時
住宅ローンが返済できない!さあ、どうする?
住宅ローンの売却について~ローンが残っていても売れる?~
住宅ローンが払えないときにすべきこと
住宅ローンを滞納するとある日突然督促状が!

FP(ファイナンシャルプランナー)に無料相談

この記事のように住宅ローンの返済に対する心配事や審査に通るか不安、何から始めていいか分からないという方もご相談ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加