住宅ローンの基本!滞納しないためのポイントとは?

住宅ローンを組む際に一番気を付けたいのは「滞納」。
あまりにも滞納が続いてしまうと最悪のケースでは、せっかく購入した住宅を手放さなければならなくなる可能性もあります。
勿論初めから無理のない返済計画を立てておくことも大切ですが、
やはり普段から返済する金額について意識しておくことも必要です。
そこで今回は住宅ローンの返済を滞納しないために、
どんなことに気を付ける人が多いのか、アンケート調査を行ってみました!

住宅ローンの返済が苦しい

住宅本舗 編集部

住宅本舗 編集部

日本で唯一複数の金融機関に一括で住宅ローンの審査申し込みができる特許を持っている“住宅本舗”が、住宅ローンをはじめとした住宅購入に役立つ情報や世の中の人の傾向をコラム・アンケート記事配信していきます。
また住宅本舗では、住宅ローンの一括審査申し込み以外にも、ファイナンシャル・プランナーによるライフプラン相談サービス、火災保険一括見積もりサービス、また、住宅本舗からの様々な情報をお知らせするメールマガジンもございます。そちらもぜひ合わせてご利用ください。

住宅ローンの基本!滞納しないためのポイントとは?

【質問】
住宅ローンを滞納しないために心がけていることはありますか?
(もしくはあなたが住宅ローンを組むとして、滞納しないために心がけようとしていること)

【回答数】
給料口座と住宅ローン返済口座を同じにする:37
返済口座への自動振込みサービスを利用している:23
FPなどの専門家にシミュレーションをしてもらう:15
返済休暇がある住宅路ローンを借りていてる:4
その他:21

一番滞納の心配が少ない?!給料口座と返済口座を同じにする!

アンケートでは一番回答が多かったのは「給料口座と住宅ローン返済口座を同じにする」37%でした!

・口座を給料と一緒にすることで、引き落としまでに口座に入れなおすという手間を省く事ができる。口座を別にすると忘れてしまう事もあるため。(30代/女性/自由業・フリーランス)

・給料口座と住宅ローン返済口座を分けてしまうと、うっかり振り替えを忘れてしまいそうだから。(40代/女性/会社員)

・ローンの引き落としは、お給料が入ってからなのでマックスに預金があるときにすぐ引き落とされるから、足りないということがない(30代/女性/専業主婦主夫)

・給与が入金される口座と同じにして、いつも月々のローン以上金額が入っているようにする。(30代/女性/専業主婦主夫)

給料口座と住宅ローンの引き落とし口座を別にすると、わざわざ自分で入金する手間もかかりますし、やはり入れ忘れてしまう可能性もありますよね。忙しくて入金する時間がない人や、しっかり口座を管理する自信がない人にとっては一番効率的な方法かもしれません。また引き落としのタイミングが給料が入ってすぐになっていれば、残高不足になる心配も少ないと思われます。

自動振込みサービスなら入金し忘れる事もない!

その他の結果は、2位「返済口座への自動振込みサービスを利用している」23%、3位「FPなどの専門家にシミュレーションをしてもらう」15%、4位「その他」21%、5位「返済休暇がある住宅路ローンを借りていてる」4%となりました!

・ローンのお金は、家計とは別に取り分けておくのが大事。ごっちゃにならないように、最優先にする。(30代/女性/専業主婦主夫)

・自分のローン専用の返済口座に自動で振り込みされた方が毎月きちんと返済できると考えたため。(20代/男性/学生)

・自分でやるとつい期限を忘れてしまったり、金額を間違えたりしてしまうので、先に自動設定しておく(40代/女性/契約派遣社員)

・正しい知識を持っている専門家の方にシミュレーションを行って頂くことで、無理のない返済が出来ます。(30代/女性/パートアルバイト)

・費用はかかりますが、プロの目線で見てもらえれば、安心するから。(30代/男性/会社員)

一方でお金の管理という点から、ローン返済口座だけは別にしたいと考える人もいるようです。その場合は確かに自動振込みのサービスを利用した方が、金額や期限を忘れる心配もありませんよね。
またそれ以外ではお金を払ってでもFPなどの専門家に返済計画そのものを相談するという意見も。そもそも無理な計画だと返済自体が難しくなりますから、プロに相談しておいた方が安心とも言えます。

日頃から滞納には気を付けておく事が大切!

今回のアンケートでは、「給料口座と住宅ローン返済口座を同じにする」や「自動振込みサービスを利用している」と回答した人を合わせると、全体の6割を占める結果となり、毎月返済をする際に滞納しないように意識している人が多い事が分かりました。気が付いたら返せない金額になっていたという事が無いように日頃からきちんと管理しておく事が、住宅ローンを組む上で一番のポイントかもしれません。これから憧れのマイホームをローンで購入しようと考えている人は参考にしてみてはいかがでしょうか。

調査地域:全国
調査対象:年齢不問・男女
調査期間:2015年04月01日~2015年04月15日
有効回答数:100サンプル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加