住宅ローンの借り換えは必要

なぜ住宅ローンを借り換えした方が良いのか。住宅ローンの借り換えは、返済額を大きく軽減できる可能性があります。ここではその理由を解説します。

住宅ローン借り換えの基礎知識

丸尾 健

丸尾 健 株式会社N&Bファイナンシャル・コンサルティング 代表執行役

大学卒業後、建築関連の仕事を経て大手商社系の中高級住宅を扱うハウスメーカーに入社。在籍期間9年のうち5年は店長職を兼務。MVP賞3回。その後、大手金融機関のファイナンシャル・プランニング部門に転職。FP先進国の米国のファイナンシャルプランニングメソッドトレーニングを受講。2009年9月に独立して、株式会社N&Bファイナンシャル・コンサルティングを設立。FP経験現在9年目。新規年間相談件数120件前後、面談累計件数1,000件以上。主に個別面談を中心に活動している、実務家FP。ライフプラン全体を通してのマネープランの作成、資産形成アドバイスに提案に定評がある。
【得意分野】ライフプラン・不動産購入・住宅ローン・資産形成・保険・相続相談

2008年以前、固定金利で借りた人は、借り換え検討を!

現在、借り換えをする人の多くが、現在契約している住宅ローンの返済に困っている人です。
しかし、借り換えのメリットが出やすいのは、その逆に住宅ローン返済に苦労していない人です。

2008年以降、リーマンショックの影響で住宅ローン金利は下がり続けてきました。住宅ローン金利の下げ幅は、時期によって2.0%以上になることもあります。つまり、2008年以前に固定金利で住宅ローンを借りた方は、現在よりもはるか高い利率で返済を続けている可能性があるのです。特に、2008年以前に住宅ローンを借りて、難なく返済できてしまっている方こそ、実は借り換えをすることで、数百万円の節約効果が出るケースが多々あるのです。
例えば、返済総額で300万円もメリットが出るケースもあります。預金利息で300万円もメリットを出すには、普通預金で約15億円を1年間預ける必要があります。

また、金融機関は現在住宅ローン利用中の方ではなく、新規で借り入れする方に好条件を提示することが多いです。
2008年以前に固定金利で借り入れた人は特に大きなメリットが出る可能性が高いです。ローンの借り換えを考えたことが無い人は、ぜひ一度検討してみましょう。

メガバンクからネットバンクへの借り換えは金利優遇のチャンス

借り換え時に金利を考える際、まずは今借りている住宅ローンと同じリスク(期間・その他条件)で、メリットが出るのか出ないのかを検討しましょう。
そこで、まずはしっかりメリットが出ると分かった場合、具体的にどういう期間・条件で借り入れるのか検討する必要があります。
特に注意するべきは、メガバンクをはじめとする大手金融機関で住宅ローンを借り入れた人です。メガバンクは基準金利2.475%から、その人の年収や将来の返済可能性に応じて優遇金利に幅を持たせて適用しています。一方、ネットバンクは、全員に一律で優遇金利を適用する場合がほとんどです。
以上から、単純に同じリスクでメリットが出る人はもちろんのこと、以前メガバンクなどで借り入れ、今回はネットバンクでの借り換えを検討している人なども金利面でメリットが出る可能性があると言えます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加