住宅ローンの借り換え!どのように返済額が減ったら嬉しい?

住宅ローンの借り換えを行うことで金利などを減らしたりすることが出来ますが、返済額が減るなら月々の返済額が減っていくか、それとも総返済額が減るかで大きく分かれるかもしれません。
そこで今回のアンケートでは、月々の返済額が減るか総返済額が減るか、借り換えを行うことでどちらにメリットがあると思うかうかがってみました。

住宅ローン見直しの基礎知識

住宅本舗 編集部

住宅本舗 編集部

日本で唯一複数の金融機関に一括で住宅ローンの審査申し込みができる特許を持っている“住宅本舗”が、住宅ローンをはじめとした住宅購入に役立つ情報や世の中の人の傾向をコラム・アンケート記事配信していきます。
また住宅本舗では、住宅ローンの一括審査申し込み以外にも、ファイナンシャル・プランナーによるライフプラン相談サービス、火災保険一括見積もりサービス、また、住宅本舗からの様々な情報をお知らせするメールマガジンもございます。そちらもぜひ合わせてご利用ください。

住宅本舗は1回で最大6銀行まで一括仮審査申込
最大6銀行に住宅ローン一括仮審査申し込み!住宅本舗は約60銀行から一括比較!
住宅ローンの借り換え!どのように返済額が減ったら嬉しい?

【質問】
借り換えを行う際、月々の返済額と総返済額どちらが減ることにメリットを感じますか?

【回答数】
月々の返済額:33
総返済額:67

なるべく減ってほしい?総返済額が減れば早く支払いが終わる!

アンケートの結果によると、約7割の人が総返済額が減ることにメリットを感じると回答していました。

・やっぱり総返済額が少ない方がいいと思う。月々で少なくなっても、結局返済期間が長ければ、総返済額は高くなると思うので。(30代/女性/会社員)

・月々の返済額は、慣れている金額なので、増加しないのであれば良し。むしろ、総返済額が減ったほうが、モチベーションも上がるし、長期的に見てメリットが有る。(30代/女性/会社員)

・現在の収入で返済に困っているわけではないので、返済総額が減る方が将来うれしい。(30代/男性/その他専門職)

月々の返済額が減ればそれだけ生活にも多少の余裕が生まれるでしょうが、毎月の支払いには慣れているので総返済額が少しでも減ってくれれば良いのでしょう。月々の返済額が減っても総返済額が変わらないばかりか、返済額が減った分だけ返済期間も長引くのであまりメリットには感じられないのかもしれません。将来的に考えると、返済期間が短くなった方がお得になりそうです。

月々の返済額が減ることで生活に余裕が生まれやすくなる?

しかし、反対に約3割の人が月々の返済額が減ることにメリットを感じると回答していました。

・月々の返済額が減るだけで、日常の生活費に余裕が生まれるので、ありがたいです。(40代/女性/専業主婦)

・月々の返済額が減ったほうが生活が多少は楽になるからです。生活の安定につながるので。(50代/男性/自営業(個人事業主))

・毎月の返済額が少なくなった方が、無理なく返済できると思うから。(50代/男性/会社員)

総返済額が減ることで早く住宅ローンを完済することが出来るでしょうが、月々の返済額は変わらないので生活に少しでも余裕が生まれるなら月々の返済額が減るに越したことはないのかもしれません。毎月の住宅ローンの返済で家計を圧迫する可能性がありますし、毎月の返済額が少なくなってくれれば返済しやすくなりそうです。安定した生活を送りながら返済していきたいなら月々の返済額が減ってくれた方がメリットだと感じるのではないでしょうか。

生活のことも大切だが、将来的に見れば総返済額が減れば嬉しい?

今回のアンケート結果では半分以上の人が総返済額が減ることにメリットを感じるようですが、毎月の生活を少しでも楽にしたいなら月々の返済額が減ることにメリットを感じるという人も多くいるということがうかがえました。

毎月支払っていくものだといっても、その支払いで毎日の生活が苦しくなることもあるので借り換えをすることで毎月の返済額が減ってくれれば生活が安定しやすくなるかもしれません。しかし、毎月の返済額が減っていくと総額が変わらないばかりか返済期間も延びてしまうので、総返済額が減っていけば住宅ローンの完済が早く終わると言えるでしょう。
どちらが良いかは自分の生活スタイルによって分かれそうですね。

調査地域:全国
調査対象:年齢不問・男女
調査期間:2015年07月14日~2015年07月28日
有効回答数:100サンプル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加