みずほ銀行ネット住宅ローンの借り換え

今返済中の住宅ローンの見直しを検討している場合は、みずほ銀行の住宅ローンの借り換えを考慮に入れる価値がありそうです。
24時間ネットで借り換えを受け付けていたり、子育て応援サービスなどの様々な特典がついていたりとメリットが沢山あるからです。

住宅ローン借り換えの基礎知識

住宅本舗 編集部

住宅本舗 編集部

日本で唯一複数の金融機関に一括で住宅ローンの審査申し込みができる特許を持っている“住宅本舗”が、住宅ローンをはじめとした住宅購入に役立つ情報や世の中の人の傾向をコラム・アンケート記事配信していきます。
また住宅本舗では、住宅ローンの一括審査申し込み以外にも、ファイナンシャル・プランナーによるライフプラン相談サービス、火災保険一括見積もりサービス、また、住宅本舗からの様々な情報をお知らせするメールマガジンもございます。そちらもぜひ合わせてご利用ください。

みずほ住宅ローンからネット住宅ローンへの借り換えは出来ない

みずほ銀行のネット住宅ローンの借り換えプランを利用したいと考えた時には、注意点が1つあります。
すでにみずほ住宅ローンを契約している場合はネットのプランに借り換えることはできないということです。ネットの借り換えプランは他の金融機関でローンを組んでいる人のみが対象となります。

みずほ銀行へ住宅ローンを借り換えた際に、効果があるといわれる目安としては下記3点です。
【1】現在の借り入れ額が1,000万以上
【2】残りの借り入れ期間が10年以上
【3】現状の住宅ローン、もしくはご検討中の他社住宅ローンの金利差が1.0以上

既にみずほ銀行の店頭取扱住宅ローンをご契約の方も、ネットのプランに借り換えこそできませんが、ネットローン同様に住宅ローン契約者が使用できるオンライン上のサービスが提供されています。このサービスを利用するとネット上でローンの残高や返済額の確認、金利方式の変更、一括返済、月々の返済額の一定期間増額を行うことができます。もし、利用していなかった場合はオンラインのサービスを確認すると良いでしょう。

みずほ銀行のネット住宅ローン借り換えのプランについて

みずほ銀行のネット住宅ローンは以下のプランが用意されているので、自分に適した条件か確認してみると良いでしょう。

<全期間重視プラン>
変動金利と固定金利のいずれかを選択することができます。このプランでは全借り入れ期間で店頭表示金利より金利の引き下げの適用を受けられます。引き下げは年率にして1.5%から1.875パーセントです。

<全期間固定プラン>
借り入れ期間中金利が固定されます。このため、金利が上昇することがあっても返済計画が影響を受けることがありません。固定期間は11年から35年の間で選択することができます。金利の引き下げは年率で0.1パーセントとなります。なお、こちらは他のプラントと組み合わせて返済することも可能です。(金利の引き下げ幅は全て2016年1月時点のもの)

もっとも、金利の引き下げ幅の適用は条件によってかわるので、銀行に相談したほうが良いでしょう。

みずほ銀行のネット住宅ローン借り換え時の必要書類

みずほ銀行のネット住宅ローンに借り換える時には以下の必要書類を用意しておきましょう。

【1】申し込み書類
みずほ銀行住宅ローン借り入れ申し込み書と団体信用保険申し込み書兼告知書が必要です。
【2】本人確認書類
運転免許証・パスポートなどのコピー、健康保険証のコピー、発行後3ヶ月以内の住民票の原本、印鑑証明書のコピーの提出が求められます。
【3】収入を証明する書類
給与所得者は源泉徴収票の原本、住民税決定通知書(または課税証明書)の原本を用意します。個人事業主・法人代表者は前年度の納税証明書(その1・その2)の原本、過去2年分の確定申告書のコピー、法人代表者は過去2期分の法人の決算報告書のコピーを用意します。
【4】その他の書類
住宅地図や土地登記簿謄本などの不動産関係の書類が必要となります。

みずほ銀行の住宅ローン金利一覧ページはこちら
みずほ銀行の住宅ローン【評判・口コミ】はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加