ソニー銀行の住宅ローン借り換え

ソニー銀行の住宅ローンは金利が低い事はもちろん、借り換えに必要な費用や、リフォーム費用も上乗せした上で借り入れできることが大きなメリットになっています。
また、金利プランが二種類あり、金利情勢に応じてフレキシブルにプランを変更することで金利を抑える事ができる点も特徴になっています。

住宅ローン借り換えの基礎知識

住宅本舗 編集部

住宅本舗 編集部

日本で唯一複数の金融機関に一括で住宅ローンの審査申し込みができる特許を持っている“住宅本舗”が、住宅ローンをはじめとした住宅購入に役立つ情報や世の中の人の傾向をコラム・アンケート記事配信していきます。
また住宅本舗では、住宅ローンの一括審査申し込み以外にも、ファイナンシャル・プランナーによるライフプラン相談サービス、火災保険一括見積もりサービス、また、住宅本舗からの様々な情報をお知らせするメールマガジンもございます。そちらもぜひ合わせてご利用ください。

ソニー銀行住宅ローンは借り換え時の諸費用を上乗せして契約出来る

ソニー銀行では住宅ローンの借り換えと同時に、借り換えにかかる諸経費を上乗せして借り入れることができます。
借り入れにかかる諸経費には、既存ローンに対する経過利息、違約金も含めて上乗せすることが可能です。その他の費用としては取り扱い手数料、印紙代、登録免許税、司法書士手数料、火災保険料があります。保証料、団体信用生命保険料はソニー銀行の負担になっていますので、費用負担はありません。
借り換えにかかる諸経費のうち、取り扱い手数料は金利プランによって異なるのでよく確認しておきましょう。借り入れ金額が大きい場合には取り扱い手数料が高額になる可能性があるため、注意が必要です。

ソニー銀行住宅ローンは借り換えと同時にリフォーム資金の借り入れが出来る

ソニー銀行では、住宅ローンの借り換えと同時にリフォームの資金も借り入れすることができます。借り入れ金額の範囲は500万円以上1億円以下なので、比較的規模の大きな増改築などで、高額になる場合に利用を検討するとよいでしょう。なお、融資日は工事完了後に、借り換えと同時にしなくてはならない点にも留意しておきましょう。
また、中古マンションの場合は購入と同時にリフォーム費用を借り入れることはできないので、その点にも注意が必要です。中古マンション購入の場合は購入資金の借り入れの後に、更に増改築資金を申し込む必要があります。
借り入れの金利プランは住宅ローンの借り入れと同様なので、変動金利と固定金利を選択することができ、借り入れ後でも変更可能になっています。

ソニー銀行で住宅ローンを借り換えた場合の特徴

ソニー銀行の住宅ローンは、基準金利から金利を引き下げがている事が大きなメリットです。借り入れの際には二つの金利プランを選択可能で、それぞれに有利な点があります。変動セレクト金利プランでは変動金利の引き下げ幅が大きく設定されているのが特徴で、金利を低く抑えることができます。但し、取り扱い手数料が借り入れ金額に対する割合で決定するため、手数料が高くなる可能性があり注意が必要です。住宅ローン金利プランの場合は変動金利の引き下げは小さいですが、手数料が定額のため、借り入れ金額が大きい場合にコストを抑えることができます。

どちらのプランを選んだ場合でも、借り換え後に変動金利、固定金利を変更する事が可能です。

また、申し込みから借り入れまでをインターネットと郵送で完結する事が可能で、店舗へ行く必要がない点も特徴です。

ソニー銀行の住宅ローン金利一覧ページはこちら
ソニー銀行の住宅ローン【評判・口コミ】はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加