住宅ローン借り換えの検討について

このところ、住宅ローンの借り換えがチャンスと言われています。
長期金利の低下や金融機関の競争を背景に、住宅ローンの金利が歴史的な低水準で、検討しやすくなっているからです。
そんな昨今でも、住宅ローンの借り換えを検討していない方がまだまだいらっしゃいます。

住宅ローン見直しのポイント

丸尾 健

丸尾 健 株式会社N&Bファイナンシャル・コンサルティング 代表執行役

大学卒業後、建築関連の仕事を経て大手商社系の中高級住宅を扱うハウスメーカーに入社。在籍期間9年のうち5年は店長職を兼務。MVP賞3回。その後、大手金融機関のファイナンシャル・プランニング部門に転職。FP先進国の米国のファイナンシャルプランニングメソッドトレーニングを受講。2009年9月に独立して、株式会社N&Bファイナンシャル・コンサルティングを設立。FP経験現在9年目。新規年間相談件数120件前後、面談累計件数1,000件以上。主に個別面談を中心に活動している、実務家FP。ライフプラン全体を通してのマネープランの作成、資産形成アドバイスに提案に定評がある。
【得意分野】ライフプラン・不動産購入・住宅ローン・資産形成・保険・相続相談

住宅ローン借り換え手続きが面倒な方へ

確かに借り換え手続きは面倒ですが、毎月の出費が例えば約2万円、総支払いで約690万円違ったらどうでしょう。

また、借り換えを検討する流れの中で最初の難関となるのが、「どこに借り換えするのか」ということ。
通常、各金融機関にわざわざ電話で確認したり、ホームページで調べたりしなくてはいけません。

「住宅本舗」では、ご自身の情報を入力していただくだけで希望条件に合う金融機関が表示され、金利や諸費用など諸条件の比較も簡単にできます。さらに、審査書類の請求もそのままできるようになっています。なかなか一歩を踏み出せない皆さん、一度試してみてはいかがでしょうか?

住宅ローンの適用金利が他商品と比べて低いと考えている方へ

私もお客様とお話しているとよく言われる理由です。
何%で借入されているのかヒアリングすると、 現在出ている住宅ローン商品の金利よりもはるかに高い金利で借入されている方が多く見受けられます。

一度借り入れしてしまうと、住宅ローン金利を調べる機会はなかなかないので無理もないでしょう。
しかし住宅ローンは一度借り入れたら終わりではなく、その時々の情勢に目を配り、保険などと同じように見直していくべきものなのです。
一般的に、住宅ローンの金利が今後どうなっていくのかを計る指標としては以下のものがあります。

住宅ローン金利 指標
長期固定型 10年物国債の利回り
短期固定金利や変動金利 短期プライムレート

どうしてそうなるのかは今後のコラムで述べていくこととしますが、新聞に掲載されているように上記の指標は刻々と毎日変わっています。
保険の見直しは行う方は多いですが、むしろ常に変動しているという意味では住宅ローンこそ、見直しを検討していくべきなのです。

住宅ローン借り換え時の諸費用が気になる方へ

冒頭でご説明した通り、住宅ローンは非常に競争が激しくなっており、各金融機関がいろいろなバリエーションの商品を出しています。
諸費用を低く抑えたものもあり、キャンペーン商品などでは最低20万円程度で済むのもあります。
また、人によっては半年程度で諸費用を回収できる場合もあります。

「住宅本舗」では、
・諸費用が最初にいくら必要か
・利息と合わせると結局いくら得になるか
が、ひと目でわかるようになっています。今すぐ確認してみましょう!

住宅ローンを完全金利固定で借りている方へ

完全金利固定の場合は、返済が終わるまで支払額が変わらないのがメリットですが、一方で高い水準で借りてしまった場合、そのまま高い支払い額で固定されてしまうという点がデメリットです。

そういう意味では「完全固定で借りたからもう関係ない」というのは大間違いで、今の完全固定商品と比べてどうなのか、むしろ積極的に情報を調べて比較する必要があります。

「住宅本舗」では35年固定商品を扱っている金融機関も存在しますので、今のタイミングで借り換えて、 安い水準で完全固定することを是非ご検討ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加