借り換え時の金利の選び方

借り換えで住宅ローン商品を選ぶ際、「総支払額を抑えたい」「金利上昇に備えたい」「毎月の返済額を抑えたい」など「借換の目的」を明確にしましょう。

住宅ローン借り換えのポイント

丸尾 健

丸尾 健 株式会社N&Bファイナンシャル・コンサルティング 代表執行役

大学卒業後、建築関連の仕事を経て大手商社系の中高級住宅を扱うハウスメーカーに入社。在籍期間9年のうち5年は店長職を兼務。MVP賞3回。その後、大手金融機関のファイナンシャル・プランニング部門に転職。FP先進国の米国のファイナンシャルプランニングメソッドトレーニングを受講。2009年9月に独立して、株式会社N&Bファイナンシャル・コンサルティングを設立。FP経験現在9年目。新規年間相談件数120件前後、面談累計件数1,000件以上。主に個別面談を中心に活動している、実務家FP。ライフプラン全体を通してのマネープランの作成、資産形成アドバイスに提案に定評がある。
【得意分野】ライフプラン・不動産購入・住宅ローン・資産形成・保険・相続相談

総支払額を減らしたい

総支払額を下げたい場合には、今借りている住宅ローンと同じ金利タイプをまずはチェックすることから始めましょう。
当初の金利が低いように思えても、変動金利タイプの場合には、将来的に金利が上昇する可能性があり、最終的に総支払額が増えてしまうことがあります。
一方、当初の金利が高いように思えても、固定金利タイプの場合は金利が上昇してもリスクの影響を受けることなく、最終的に総支払額を減らせることがあります。
そのため従来の住宅ローンと同じ金利タイプの商品で比較することにより、どちらが総支払額を減らせるかを判断することができます。

金利上昇に備えたい

近年20年近くにわたり低金利の時代が続いてきましたが、変動金利型の住宅ローンの場合、このままずっと低金利が続くという保証はありません。
金利上昇に備える場合には、固定金利タイプの住宅ローンを選ぶことが考えられます。
固定金利タイプの住宅ローンには、全期間固定金利や、10年固定・15年固定などの固定期間選択型があり、その中から比較的固定期間が長いものを中心にチェックすると良いでしょう。

「固定金利」から「固定金利」への借り換えを考えている方

借り換えの際に発生する手数料を加味し、借り換え先金融機関の金利を比較しましょう。
いくら金利が低くても、手数料を金利換算すると、これまでの借り換え前より実質金利が高くなっている可能性があるからです。
しっかりシミュレーションをして、総返済額が低くなる場合のみ借り換えをしましょう。

「変動金利」から「固定金利」への借り換えにおすすめの方

変動金利が将来上昇すると考えている方や変動金利が高いときに借りた方(特に2008年リーマンショック以前)におすすめです。
固定金利に借り換えして月々および総返済額が変わらない方であっても、金利上昇リスクはなくなり金利が一定になるため、安心して生活資金を計画することができます。

「変動金利」から「変動金利」への借り換えにおすすめの方

変動金利が高いときに借りた方(特に2008年リーマンショック以前)におすすめです。
時期によっては金利差2%以上出る方もいます。大きなメリットが出る可能性があります。

「固定金利」から「変動金利」への借り換えにおすすめの方

リスクをとった借り換え方法ですが、現状の固定金利で返済に余裕のある方にがおすすめできます。
変動金利の金利上昇リスクはありますが、金利が低い変動金利に借り換えにすればメリットがでる可能性はあります。
さらに、手持ちのお金は増えるため、繰り上げ返済をすれば総返済額は大きく節約できる可能性もあります。
ただし、現状固定金利での返済が厳しい方には、この「固定金利」から「変動金利」への借り換えは適していません。がんばって家計費節減を考えたほうが良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加