住宅ローン借り換え時の諸費用と注意点

住宅ローンの借り換えを検討する時に忘れてならないのは借り換えにかかる諸費用の負担です。借り換え時には諸費用も合わせたトータルでメリットを判断する必要があります。そのため、借り換え時にはできるだけ諸費用を抑えることが重要となります。

住宅ローン借り換えのポイント

丸尾 健

丸尾 健 株式会社N&Bファイナンシャル・コンサルティング 代表執行役

大学卒業後、建築関連の仕事を経て大手商社系の中高級住宅を扱うハウスメーカーに入社。在籍期間9年のうち5年は店長職を兼務。MVP賞3回。その後、大手金融機関のファイナンシャル・プランニング部門に転職。FP先進国の米国のファイナンシャルプランニングメソッドトレーニングを受講。2009年9月に独立して、株式会社N&Bファイナンシャル・コンサルティングを設立。FP経験現在9年目。新規年間相談件数120件前後、面談累計件数1,000件以上。主に個別面談を中心に活動している、実務家FP。ライフプラン全体を通してのマネープランの作成、資産形成アドバイスに提案に定評がある。
【得意分野】ライフプラン・不動産購入・住宅ローン・資産形成・保険・相続相談

借り換えでも事務手数料・保証料を抑える方法とは?

借り換えでも当初住宅ローンを借入れしたときと同じように事務手数料、保証料といった諸費用がかかります。また、借換えの場合には抵当権を抹消する際の司法書士報酬が別途必要です。金融機関や取扱金額によって金額はさまざまですが、およそ50万円前後が一般的です。
現金の支出を抑えるポイントとして以下の2つの方法があります。

各社の条件を比較!

融資事務手数料や保証料は手数料のなかでも大きい割合を占めます。
借入金額の2%前後かかるのが一般的ですが、最近では保証料が0円や融資手数料も安くしている金融機関もあります。まずは各社の条件を比較してみましょう。

手数料を住宅ローンに組み込む!

50万円前後の手数料を住宅ローンに組み込んでくれる金融機関もあります。
諸費用をローンに組込むことで毎月支払額が数千円上がることもありますが、現金を手元に残しておくことで突然の出費にも対応できるメリットもあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加