住宅ローンの借り換えで総支払額を減らす

住宅ローンの借り換えで総支払額を減らすポイントは、住宅ローンの完済までの期間において、いかに金利を下げられるか否かが重要になってきます。
ただし金利を下げられたとしても、借り換えには別途諸費用がかかりますから、諸費用を含めた総額で比較する必要があります。

住宅ローン見直しのポイント

丸尾 健

丸尾 健 株式会社N&Bファイナンシャル・コンサルティング 代表執行役

大学卒業後、建築関連の仕事を経て大手商社系の中高級住宅を扱うハウスメーカーに入社。在籍期間9年のうち5年は店長職を兼務。MVP賞3回。その後、大手金融機関のファイナンシャル・プランニング部門に転職。FP先進国の米国のファイナンシャルプランニングメソッドトレーニングを受講。2009年9月に独立して、株式会社N&Bファイナンシャル・コンサルティングを設立。FP経験現在9年目。新規年間相談件数120件前後、面談累計件数1,000件以上。主に個別面談を中心に活動している、実務家FP。ライフプラン全体を通してのマネープランの作成、資産形成アドバイスに提案に定評がある。
【得意分野】ライフプラン・不動産購入・住宅ローン・資産形成・保険・相続相談

住宅本舗は1回で最大6銀行まで一括仮審査申込
最大6銀行に住宅ローン一括仮審査申し込み!住宅本舗は約60銀行から一括比較!

同じ金利タイプで比較

住宅ローンの借り換えにおいて、総支払額を減らせるかどうかは、同じ金利タイプで比較することが重要です。
現在の金利タイプと同じ住宅ローンで、より金利が低いものがあるなら、総返済額の軽減につながりますから、借り換えをする価値が十分にあると言えます。
とはいえ金利タイプの異なる住宅ローンで比較しても、それは目先だけのことで、長い目で見ると逆に総支払額が増えてしまうこともあり得ますから、十分に注意しましょう。

変動金利型に借り換える場合には、将来の金利情勢も加味して考える必要もあります。
例えば、全期間固定型から変動金利型へ借り換えをしたとすると、毎月の返済額は減りますが、変動金利型の一般的に半年ごとに金利、5年ごとに返済額が見直しされるため、将来の総返済額がいくらになるかを比較することはできません。

住宅ローンの借り換えは、どんな目的で行なうかによって、選ぶ商品が大きく異なってきます。
住宅ローンの返済は一生をかけて行なうものですから、目先の利益だけを考えるのではなく、総支払額がどれだけ有利になるのか、長期的な観点で住宅ローンの借り換えを検討するようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加