住宅ローンの借り換えで金利上昇に備える

金利上昇に備えるための借り換えで重要なポイントは「残り期間の金利を固定にする」方法と「固定期間を長くする」方法の2つを考えることができます。
この2つのポイントを抑えておけば、仮に金利が上昇した時であっても、リスクを避けて安定した返済を続けることができるのです。

住宅ローン借り換えのポイント

丸尾 健

丸尾 健 株式会社N&Bファイナンシャル・コンサルティング 代表執行役

大学卒業後、建築関連の仕事を経て大手商社系の中高級住宅を扱うハウスメーカーに入社。在籍期間9年のうち5年は店長職を兼務。MVP賞3回。その後、大手金融機関のファイナンシャル・プランニング部門に転職。FP先進国の米国のファイナンシャルプランニングメソッドトレーニングを受講。2009年9月に独立して、株式会社N&Bファイナンシャル・コンサルティングを設立。FP経験現在9年目。新規年間相談件数120件前後、面談累計件数1,000件以上。主に個別面談を中心に活動している、実務家FP。ライフプラン全体を通してのマネープランの作成、資産形成アドバイスに提案に定評がある。
【得意分野】ライフプラン・不動産購入・住宅ローン・資産形成・保険・相続相談

残り期間の金利を固定化する

残り期間の金利を固定化するタイプとして、固定金利選択型と全期間固定金利があります。
固定金利選択型では、最初の一定期間は固定金利ですが、一定期間を過ぎると変動金利へと変わったり、固定金利か変動金利かを選択できる金融機関があります。

メリット

金利を固定化することにより、将来の金利に左右されることなく、資金計画が立てやすくなります。

デメリット

変動金利に比べると金利が高く設定されているので、金利が低い状態では金利の負担が大きくなります。
固定金利選択型では、当初固定期間が終了して選択するときにはすでに金利が高くなっている可能性もあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加