住宅ローンの借り換えで毎月の返済額を減らす

毎月の返済額を抑えるためには「低金利のものに借り換える」「返済期間を長くする」という2つの方法があります。
低金利の住宅ローンや返済期間の長い住宅ローンは、必ずしもローンの総支払金額が減らせるというわけではありませんが、毎月の返済額を抑える効果を得ることができます。

住宅ローン借り換えのポイント

丸尾 健

丸尾 健 株式会社N&Bファイナンシャル・コンサルティング 代表執行役

大学卒業後、建築関連の仕事を経て大手商社系の中高級住宅を扱うハウスメーカーに入社。在籍期間9年のうち5年は店長職を兼務。MVP賞3回。その後、大手金融機関のファイナンシャル・プランニング部門に転職。FP先進国の米国のファイナンシャルプランニングメソッドトレーニングを受講。2009年9月に独立して、株式会社N&Bファイナンシャル・コンサルティングを設立。FP経験現在9年目。新規年間相談件数120件前後、面談累計件数1,000件以上。主に個別面談を中心に活動している、実務家FP。ライフプラン全体を通してのマネープランの作成、資産形成アドバイスに提案に定評がある。
【得意分野】ライフプラン・不動産購入・住宅ローン・資産形成・保険・相続相談

金利が低い商品に借り換え

金利の低い住宅ローンに借り換えることで、現時点での毎月の返済額を抑える効果があり、一時的に生活費の負担を減らすことができます。
しかし、デメリットもあります。それは変動金利型の場合は、低金利がいつまで続くか分からないという点です。
仮に金利が上昇してしまうと、毎月の返済額が変わらなくなるどころか、以前よりも増えてしまうことがあります。
目先の返済額だけではなく、金利が上がった時の返済額のことも計算しておきましょう。

返済期間を延ばす

住宅ローンの返済期間を延ばすことで、月々の返済額を抑えることができます。
返済期間を延ばして借換をするメリットは、毎月の返済額を大幅に減少させることができるという点です。家計が苦しくなっている時には、検討する価値のある借換であると言えます。
デメリットは、返済期間を延ばすことによりその分の金利を払う必要があるため、総返済額が多くなってしまいます。
また契約した時の年齢によっては、定年退職後にまで住宅ローンの返済が残ってしまい、将来の負担を増やしてしまうことにもなります。デメリットも検討した上で借換を考えるようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加