早く済ませたい住宅ローン!繰り上げ返済のために何を節約する?

住宅ローンの返済期間が長くなれば、長期的に家計を圧迫することになり、それに伴う金利の支払いも多くなるため、できるだけ早く返済を済ませたいと考える人も多いのではないでしょうか。
そこで、繰り上げ返済をするために何を節約しようと思うか、男女100人にアンケートをとってみました。

住宅ローン返済額を上乗せする

住宅本舗 編集部

住宅本舗 編集部

日本で唯一複数の金融機関に一括で住宅ローンの審査申し込みができる特許を持っている“住宅本舗”が、住宅ローンをはじめとした住宅購入に役立つ情報や世の中の人の傾向をコラム・アンケート記事配信していきます。
また住宅本舗では、住宅ローンの一括審査申し込み以外にも、ファイナンシャル・プランナーによるライフプラン相談サービス、火災保険一括見積もりサービス、また、住宅本舗からの様々な情報をお知らせするメールマガジンもございます。そちらもぜひ合わせてご利用ください。

早く済ませたい住宅ローン!繰り上げ返済のために何を節約する?

【質問】
主婦の方に聞きます!
住宅ローンの繰り上げ返済をするために何を節約しましたか?

【回答数】
食費:23
娯楽費:41
旦那さんの小遣い:3
自分への投資:18
繰り上げ返済をしない:15

旅行や外出・外食、車を我慢する!娯楽費を節約する人が約4割

アンケートの結果、「娯楽費」と回答した人が最も多く、約4割を占めました。

・子供には申し訳ないと思うのですが、家族旅行などなるべく全員でいかず私が留守番したり食事にいくにも全員はやめるようにしました(40代/女性/専業主婦)

・娯楽はお金のかかることはやめて家にいたり、食事に手間をかけたりした(50代/女性/専業主婦主夫)

・日常経費はなかなか節約しにくいので、娯楽費が中心になると思います(50代/男性/会社員)

・旅行にはほとんど行かなかったし、車も持つのをやめたことで、かなりの節約になった。外出関係の娯楽は切り詰めることも可能だと思う(50代/女性/専業主婦)

まずは楽しむことを我慢して節約するという声が多く聞かれました。
日常の経費は基本的にどうしても必要な支出である場合が多く削りにくいため、削ることが可能な娯楽費を工夫して減らしていることがうかがえました。
旅行や外出、外食などを減らし、その分を家での食事に手間をかける人もいて、意外とお金が掛かる外食費などをカットしているようです。また、車を手放して、その維持費を大きく節約したという声もあり、繰り上げ返済のために効果の大きい工夫もされているようですね。

食費、自分への投資、繰り上げ返済なし、夫の小遣い…考えは様々

アンケートの結果、「食費」、「自分への投資」、「繰り上げ返済はしない」、「旦那さんの小遣い」という順になりました。

・まず基本外食はしないようにしました。旦那さんや子供には手作りお弁当と水筒を持たせ、コンビニや自販機の利用を避けてもらいました。家での食事も出来合いのお惣菜等は一切買わず、材料も安くて量が多いものを工夫して何でも手作りしました(40代/女性/自由業・フリーランス)

・家族の生活水準はできるだけ減らさない方法で貯金したいと思ったからです(30代/女性/会社員)

・繰り上げ返済をするとどうしても家計が苦しくなるので、そうなるくらいなら計画的に返済する方が家族のためだから(30代/女性/パートアルバイト)

・削るところはいろいろあるが、まず旦那さんにも協力してもらうこと(70代/男性/無職)

食費の節約のために、外食や自販・コンビニ利用を控えたり、出来合いの総菜を買わずに安い食材を使って手作りするという声も多く、きめ細かく工夫することで節約を実現している様子がうかがえます。
また、家族の生活水準を下げる事はしたくないと考えて自分自身への出費を我慢する人や、繰り上げ返済であえて苦しい思いをする必要がないと考える人、夫も含めて家族で節約に協力すべきという意見も見られました。日常生活の中で節約していくならば何を削るのがベストか、様々な考え方があることがうかがえました。

できればしたい繰り上げ返済。何を我慢するのが最善かよく考えて

今回のアンケートでは、娯楽は楽しみや快適を求める行動なので、節約するならそれらの楽しみを我慢する部分からと考える人が多いことがわかりました。今の楽しみを抑えることで、将来のためにプラスになるよう努力している様子がうかがえました。

そして、日常生活の中から更に節約する部分を探す場合は、いろいろな考え方がありそうです。手作りの料理で節約したり、家族全体の生活水準維持のために自分の出費を抑えたり、夫も小遣いを控えたり…。家族がお互いに協力し合うことが、節約を成功させる重要なポイントと言えそうです。

節約をすることはつらいと感じることもあるかもしれませんが、将来のため長い目で見ていくことが大切ですね!

調査地域:全国
調査対象:年齢不問・男女
調査期間:2015年04月23日~2015年05月07日
有効回答数:100サンプル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加