住宅ローンの繰り上げ返済について

住宅ローンの元金を前倒しで返済するのが繰り上げ返済です。
この繰り上げ返済には期間短縮型と返済額軽減型の2パターンが存在します。
それぞれにどのような特徴があるのでしょうか。また、どちらを選定すべきなのでしょうか?

住宅ローン返済額を上乗せする

住宅本舗 編集部

住宅本舗 編集部

日本で唯一複数の金融機関に一括で住宅ローンの審査申し込みができる特許を持っている“住宅本舗”が、住宅ローンをはじめとした住宅購入に役立つ情報や世の中の人の傾向をコラム・アンケート記事配信していきます。
また住宅本舗では、住宅ローンの一括審査申し込み以外にも、ファイナンシャル・プランナーによるライフプラン相談サービス、火災保険一括見積もりサービス、また、住宅本舗からの様々な情報をお知らせするメールマガジンもございます。そちらもぜひ合わせてご利用ください。

住宅本舗は1回で最大6銀行まで一括仮審査申込
最大6銀行に住宅ローン一括仮審査申し込み!住宅本舗は約60銀行から一括比較!

そもそも住宅ローン繰り上げ返済とは

住宅ローンの毎月の返済額は元金に対する返済額と、元金の金利に対する利息返済額の2種類で構成されています。
そして元金に対する返済額により、住宅ローン残高は減少していきます。
繰り上げ返済とは余剰資金がある時に、毎月の住宅ローン返済額とは別に元金に対する返済を行うことで、住宅ローンを前倒しで減らしていくことです。元金を減らせば、毎月の金利に対する返済額も減らすことができます。
また、繰り上げ返済には2種類のパターンが存在します。1つは返済期間を短くできる期間短縮型、もう1つは毎月の返済額を減らすことができる返済額軽減型です。一般的に期間短縮型の方が利用されることが多いですが、それぞれに特徴があるので上手く使い分けることが重要です。

住宅ローンの繰り上げ返済は期間短縮型と
返済額軽減型の2パターン

住宅ローンの繰り上げ返済には期間短縮型と返済額軽減型の2つのパターンがあります。
期間短縮型は繰り上げ返済によって住宅ローン残高を減らした後も毎月の返済額は変えず、返済期間を短縮する方法です。返済期間が短縮されると言うことは利息を支払う期間も短くなるので、支払う利息も少なくなります。効率的に住宅ローン残高を減らし、少しでも早く完済したい方に向いています。
返済額軽減型は繰り上げ返済によって住宅ローン残高を減らした後も返済期間は変えず、毎月の返済額を減少する方法です。返済期間は変わらないので利息を減らす効果は限定的です。しかし、毎月の返済額を減らせるので、毎月の住宅ローン返済額が家計の負担に感じている人や、将来の収入減少に備えたい方に向いています。

期間短縮型と返済額軽減型どちらがよいのか

住宅ローンの繰り上げ返済には「期間短縮型」と「返済額軽減型」の2種類があり、一般的には返済期間を減らすことで利息を減らせる「期間短縮型」の方が効率的な返済方法と考えられています。しかし、短縮型は毎月の返済額は変わらないので、将来の収入減少、家計の悪化といった問題に対応しづらいです。また、一度短縮した住宅ローン返済期間を元に戻すのは、民間の金融機関では原則受け付けていません。
その点、「返済額軽減型」は収入減少、家計の悪化といった問題に対応しやすいことが特徴です。毎月の住宅ローン返済額を減らせるので、浮いたお金を資産運用に回すこともできます。金利の高い運用先を見つけることができれば、「期間短縮型」の利息減少で得られる利益より高い利益を出すことも可能です。
このように軽減型にも様々なメリットがあるので、どうしても早く返済したいという人以外は軽減型のプランも考慮してみましょう。

◆関連記事
住宅ローン繰り上げ返済は期間短縮か返済額軽減か
住宅ローンの繰り上げ返済について
住宅ローンの繰り上げ返済と控除(減税)の関係

  • このエントリーをはてなブックマークに追加