楽天銀行フラット35への借り換え

すでに住宅ローンフラット35を組まれている方にも朗報です。
楽天銀行は、業界最低金利ですので、他の銀行で住宅ローンを組まれている方も借り換えで負担を減らせるかもしれません。シミュレーションしてみる価値はありそうです。

住宅ローン借り換えの基礎

住宅本舗 編集部

住宅本舗 編集部

日本で唯一複数の金融機関に一括で住宅ローンの審査申し込みができる特許を持っている“住宅本舗”が、住宅ローンをはじめとした住宅購入に役立つ情報や世の中の人の傾向をコラム・アンケート記事配信していきます。
また住宅本舗では、住宅ローンの一括審査申し込み以外にも、ファイナンシャル・プランナーによるライフプラン相談サービス、火災保険一括見積もりサービス、また、住宅本舗からの様々な情報をお知らせするメールマガジンもございます。そちらもぜひ合わせてご利用ください。

住宅本舗は1回で最大6銀行まで一括仮審査申込
最大6銀行に住宅ローン一括仮審査申し込み!住宅本舗は約60銀行から一括比較!

楽天銀行はフラット35からフラット35への借り換えが可能

フラット35は、全期間固定金利型ですので、返済計画が立てやすく将来への安心感があります。現在、変動金利の住宅ローンを利用されている方も、楽天銀行の住宅ローンフラット35へ借り換える事で、金利上昇の心配もなく返済していく事ができます。
また、他の銀行でフラット35を組まれている方も、楽天銀行のフラット35へと借り換える事が可能です。住宅ローンの残高が1,000万以上残っていて、現在利用しているローンとの金利差が1%以上あり、支払い期間が残り10年以上ある方は、総支払金額が安く済むかもしれません。浮いたお金は、子供の教育費や老後資金へと回す事ができるので助かりますよ。保証料や、繰上返済手数料が無料なのも嬉しいですね。

楽天銀行の住宅ローンフラット35借り換えの条件

楽天銀行の住宅ローンフラット35に借り換える際には、注意しなければならない条件がいくつかあります。
まず、借り換えの申し込みの時点で、住宅ローンの返済実績が1年以上ある方が、融資を受ける事ができます。
また、借り換えの申込日までの直近1年間において、支払いの遅滞がない事も融資を受けるための条件となります。
当初の住宅ローンの借り入れ額が1000万円以上8000万円以下で、なおかつ、当初の住宅の建設費または購入価額の100%以内となります。

現在、加入している団体信用生命保険については終了します。楽天銀行のフラット35団体信用生命保険に新たに加入を希望する場合は、再度、加入のために審査を受ける必要が生じます。
借り換えの場合、フラット35S(優良住宅取得支援制度)はご利用になる事ができません。

楽天銀行の住宅ローンフラット35借り換え時の必要書類

楽天銀行の住宅ローンフラット35へ借り換える時の必要書類は、以下の物になります。

【1】長期固定金利型住宅ローン借り入れ申込書
【2】今回の住宅取得以外の借り入れ内容に関する申出書
【3】個人情報及び個人信用情報の取扱いに関する同意書
【4】長期固定金利住宅ローン(フラット35)の特徴について(フラット35)借換対象住宅に関する確認書
【5】住民票のコピーなどの本人確認ができる書類
【6】敷地の登記事項証明書コピー、建物の登記事項証明書コピー、住宅地図コピー
【7】火災保険証券など火災保険の加入状況が確認できる書類のコピー
【8】源泉徴収票コピー
【9】住民税特別徴収税額の通知書コピーまたは住民税課税証明書コピー
【10】確定申告書および付表コピー

該当者のみ必要なのは、長期固定金利型住宅ローン(機構買取型)借り入れ申込書、融資事務手数料優遇申請書、所得税納税証明書コピーです。

たくさんありますので、不足がないよう気をつけて準備しましょう。

楽天銀行フラット35の住宅ローン金利一覧ページはこちら
楽天銀行フラット35の住宅ローン【評判・口コミ】はこちら
本当は知ってほしい!楽天銀行のスゴいところ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加