住信SBIネット銀行(フラット35)住宅ローン借り換え

住信SBIネット銀行(フラット35)への住宅ローン借り換えは、民間金融機関と住宅金融支援機構とが提携して提供するフラット35の中でも、ネット専用銀行として低コスト運営が行われていることにより、更に安心で便利なサービスが用意されています。
その為、現在借り換えをお考えの方には有利な見直しのチャンスがあり、そこで今回はその内容について紹介します。

住宅ローン借り換えの基礎

住宅本舗 編集部

住宅本舗 編集部

日本で唯一複数の金融機関に一括で住宅ローンの審査申し込みができる特許を持っている“住宅本舗”が、住宅ローンをはじめとした住宅購入に役立つ情報や世の中の人の傾向をコラム・アンケート記事配信していきます。
また住宅本舗では、住宅ローンの一括審査申し込み以外にも、ファイナンシャル・プランナーによるライフプラン相談サービス、火災保険一括見積もりサービス、また、住宅本舗からの様々な情報をお知らせするメールマガジンもございます。そちらもぜひ合わせてご利用ください。

住信SBIネット銀行(フラット35)住宅ローン借り換えの特徴

住信SBIネット銀行(フラット35)住宅ローン借り換えの特徴は、インターネット上のみで業務を展開するネット専用銀行なだけに低コスト運営により、実店舗を構える金融機関でのフラット35よりも、更に安心で便利なサービスの充実が図られています。
フラット35は、民間金融機関と住宅金融支援機構が提携して提供する長期固定金利住宅ローンで、借り入れ時に返済終了までの借り入れ金利及び返済額が確定し、長期的なプランが立て易くまた変わらない安心が担保されています。
そして、住信SBIネット銀行(フラット35)では、特に業界最低水準の金利で提供されており、また8疾病保障のほか保証料及び繰り上げ手数料が無料、更にネット専用銀行であるが故に来店不要で手続きが完了できる特徴があります。

住信SBIネット銀行(フラット35)住宅ローン借り換えの条件

住信SBIネット銀行(フラット35)住宅ローンの借り換え条件は下記です。
【1】申し込み時に満70歳未満(但し親子リレーされている場合には満70歳以上も可能)
【2】日本国籍の方、永住許可を得ている方また特別永住者で且つ日本国内に居住する方
【3】原則的に対象となるローン債務者と借り換え融資申し込み人が同一であること
※借り換えに伴い2人まで債務者を追加できます。
 対象となる住宅及びその敷地を共有する場合は、申し込む本人が共有持分を有している等の要件があります。

融資の基準に関しては、下記2点がポイントです。
【1】年収に占める全ての借り入れ(フラット35を含む)の総返済負担率が400万円未満は30%以下、400万円以上は35%以下を満たす方
【2】住宅取得時に借り入れた住宅ローンの借り入れ実行日から借り換え融資申し込み日まで1年以上経過し、且つ申し込み日前日までの1年間正常に返済している方

住信SBIネット銀行(フラット35)住宅ローン借り換えの対象となる住宅要件

住信SBIネット銀行(フラット35)住宅ローン借り換え対象となる住宅要件は、主に4つあります。

まず1つ目に住宅取得時に借り入れた住宅ローンの借り入れ額が8,000万円以下、住宅の建設費又は購入価額(土地取得費がある場合にはその費用も含む)が100%以内の何れの要件も満たす必要があります。2つ目にその住宅の建設費又は購入価額が消費税を含め1億円以下であること、また3つ目には、住宅の床面積が一戸建て・連続建て・重ね建ての住宅の場合は70平方メートル以上、マンションなど共有建て住宅の場合は30平方メートル以上であることを要します。4つ目には、住宅金融支援機構が定めた技術基準に適合する住宅であることが要件に挙げられています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加