住宅ローンの借り換えについて~必要性とポイント~

住宅ローンの毎月の返済額が多い・家計にもっと余裕を持たせたい、という方は多いと思います。
人生最大の借り入れ額となる方も多く、金額は減らせるものなら減らしたいですよね。
そこで住宅ローンの借り換えを検討したいけどよく分からないという方の為に、住宅ローン借り換えのポイントについてまとめてみました。

住宅ローン借り換えの基礎

住宅本舗 編集部

住宅本舗 編集部

日本で唯一複数の金融機関に一括で住宅ローンの審査申し込みができる特許を持っている“住宅本舗”が、住宅ローンをはじめとした住宅購入に役立つ情報や世の中の人の傾向をコラム・アンケート記事配信していきます。
また住宅本舗では、住宅ローンの一括審査申し込み以外にも、ファイナンシャル・プランナーによるライフプラン相談サービス、火災保険一括見積もりサービス、また、住宅本舗からの様々な情報をお知らせするメールマガジンもございます。そちらもぜひ合わせてご利用ください。

住宅ローンの借り換えとは?借り換えは必要?

一般に住宅ローンの借り換えとは、現在借りている住宅ローンを、そのまま住居に住み続けることを条件に、他の住宅ローンへ変更することをいいます。
同じ金融機関内で借り入れの内容を変更することもありますが、基本的には現在ローンを組んでいる銀行とは異なる銀行で借り入れる手続きをとることになります。
現在のローン金利と比べ低いものがあったからといって、住宅ローンを借り換える必要があるとは限りません。当初住宅ローンを借り入れ時とは年齢・収入・家族構成等の状況が変わっていることが多いため、一概に良い審査結果を得られるわけではありません。
また、住宅ローンの借り換え手続きには費用がかかります。各金融機関で行えるシミュレーションを活用し、諸費用を確認した上で総費用が下がる、また手続きの手間を考えてもメリットがあるようであれば、住宅ローン借り換えを検討する価値があるといえるでしょう。

住宅ローンの借り換え時のポイント~時期~

住宅ローンの金利は借り入れ金額に対してかかりますので、当然ながら住宅ローンの金利が低くなればなるほど、また住宅ローン残高が多ければ多いほど、メリットが出やすくなります。
諸費用のひとつである保証料についても同様です。住宅ローンを借り入れた後に一定期間が経過しているのであれば、金融機関の基準金利が上下している可能性が高いので、一度借り換えのシミュレーションをすることをおすすめします。一方で既に借入残高が1,000万円を下回っている場合や、現在の金利が1%を下回っている場合などは、住宅ローン借り換えでメリットが出る可能性が低くなってきます。
ローンが既にある方は、毎年住宅ローンの借り入れ内容についての書類が金融機関から届きますので、金利・金利のタイプ(固定・変動など)・残高・残り期間等を確認の上、現在の金融機関のローン金利と比較することがポイントです。

住宅ローンの借り換えをする場合の諸費用や流れについて

住宅ローンの借り換え手続きは、基本的には新規で住宅ローンの借り入れを行った際と同じ手続きを踏むことになります。
住宅ローン借り換えを決める前には、諸費用のチェックを必ず行いましょう。特に保証料は数十万円かかる場合もあるため無視できるものではありません。
一方で金融機関によっては保証料がかからない場合もあります。また現在借り入れをしている金融機関からは残り期間の保証料の返却を受けられる可能性がありますので、諸費用計算の考慮に入れておきましょう。
住宅ローンは自宅を担保に入れていますので、手続きの最後には自宅の抵当権の抹消・再設定を行う必要があることが、新規で住宅ローンを借り入れる時とは大きく異なるポイントのひとつです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加