住宅ローン借り換えまでの流れ

借り換えを先の金融機関を選ぶ際は、単純に金利を比較するのではなく、諸費用も考慮に入れて有利な住宅ローンを検討しましょう。

住宅ローン借り換えの流れ・費用

丸尾 健

丸尾 健 株式会社N&Bファイナンシャル・コンサルティング 代表執行役

大学卒業後、建築関連の仕事を経て大手商社系の中高級住宅を扱うハウスメーカーに入社。在籍期間9年のうち5年は店長職を兼務。MVP賞3回。その後、大手金融機関のファイナンシャル・プランニング部門に転職。FP先進国の米国のファイナンシャルプランニングメソッドトレーニングを受講。2009年9月に独立して、株式会社N&Bファイナンシャル・コンサルティングを設立。FP経験現在9年目。新規年間相談件数120件前後、面談累計件数1,000件以上。主に個別面談を中心に活動している、実務家FP。ライフプラン全体を通してのマネープランの作成、資産形成アドバイスに提案に定評がある。
【得意分野】ライフプラン・不動産購入・住宅ローン・資産形成・保険・相続相談

住宅本舗は1回で最大6銀行まで一括仮審査申込
最大6銀行に住宅ローン一括仮審査申し込み!住宅本舗は約60銀行から一括比較!

借り換え先の金融機関に申し込み、審査に必要な書類を提出

借り換えであっても、物件の担保評価、お客さまの収入、勤務状況など総合的に審査されます。下記ポイントが当初お借り入れ時と変化があった場合注意が必要です。
・年収
・勤続年数
・延滞歴
・居住年数
・返済負担比率
・物件担保評価

審査通過後に、現在のお借入先金融機関に住宅ローン一括返済を申し出

現借り入れ先へ一括返済の申し出を伝え、一括返済の希望日や振込み方法等をを決めましょう。希望日で一括返済した場合の返済額・諸費用を現借り入れ先に算出してもらいましょう。

金銭消費貸借契約

借り換え先金融機関と最終的なお金の貸し借りの契約を取り交わします。最終的にどのような住宅ローン(商品)を利用するのかを決めることになると共に、実際に借り入れをする際の適用金利なども確定します。お借り入れ中の住宅ローンを完済 借り換え先から現借り入れ先の指定口座に代金を振り込み、現お借り入れ先のローンを完済します。その後、現お借り入れ先から抵当権抹消書類受け取り、新たに借り換えた金融機関の抵当権を設定します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加