住宅ローンの売却について~ローンが残っていても売れる?~

住宅ローンが残っている家を売るのは難しいというイメージがあります。
しかし、家の売却代金でローン残高を全額返済できればそれほど難しいものではありません。
では、家の売却代金だけではローンを返済できない場合はどうなるのでしょう?

住宅ローンの名義変更

住宅本舗 編集部

住宅本舗 編集部

日本で唯一複数の金融機関に一括で住宅ローンの審査申し込みができる特許を持っている“住宅本舗”が、住宅ローンをはじめとした住宅購入に役立つ情報や世の中の人の傾向をコラム・アンケート記事配信していきます。
また住宅本舗では、住宅ローンの一括審査申し込み以外にも、ファイナンシャル・プランナーによるライフプラン相談サービス、火災保険一括見積もりサービス、また、住宅本舗からの様々な情報をお知らせするメールマガジンもございます。そちらもぜひ合わせてご利用ください。

住宅ローンが残っている家は売却できるのか

住宅ローンが残っている家を売却することは、基本的には可能ですが条件によっては売るのが難しくなります。
家を売った代金が残っているローンの金額を上回る場合は、家の代金でローンを返済できるので問題なく売る事ができます。しかし、ローン残高の方が上回っている時は、売るのが難しくなります。
家を売った代金だけでは残ったローンを支払えない場合、差額分を現金で支払うことで家を売ることが可能です。差額分を現金で用意できない場合でも、任意売却という制度を使えば売る事は可能です。これは債権者(銀行)の同意を得てローンを残したまま家を売り、差額分を分割で支払うという方法です。ただし、この制度はローンの支払いが難しい、差額分を現金で用意できないなど経済的に厳しい人への救済手段です。

住宅ローンが残っている場合に売却する方法

住宅ローンが残っている家を売る方法は主に2種類存在します。

一つ目の一般売却は家を売った時点でローンの残額と経費を全額返済する方法です。
ローンの残額と経費を返済する手段として下記の3つがあります。

【1】自分のお金で全額返済
【2】家を売った代金で全額返済
【3】家を売った代金+差額分で全額返済

【1】は相当な資産家でないと難しい手段です。【2】は現実的な手段ですが、家の評価額の低下、ローンの残高次第では難しくなります。近年増えているのが【3】による手段です。

二つ目は任意売却で、これはローンを全額返済しなくても家を売ることができる制度です。まず、家を売った代金を銀行へのローン返済に充てます。そして、家を売った代金だけでは足りない差額分を分割払いで返済するという制度です。この制度は銀行の同意が必要なので、誰でも無条件に利用できる制度ではありません。

住宅ローンが残っている家を売るときの条件とポイント

住宅ローンが残っている家を売るための基本的な条件は、家を売った時点でローンの全額返済が完了されていることです。
一般的に家を売って得たお金をローン返済に充てることが多いです。
しかし、家を売った金額がローンの残高を下回ることは少なくありません。その場合、差額分を自分で用意する必要がありますが、差額分が大きくなると資金の用意も難しくなります。
そこで、ポイントになるのが如何に家を高く売れるかです。
家の売却価格が高くなれば差額分を減らせるので、資金を用意する負担が軽減できます。少しでも高く家を売るためには、複数の不動産会社に査定を依頼して査定価格を比較するのが重要です。家の情報や連絡先を入力するだけで、複数の不動産会社に無料一括査定できるサイトもあるので活用しましょう。

◆参考記事
住宅ローン返済中の住み替え
住宅を売買した場合の税金

◆こちらの記事もチェック:
住宅ローンのオーバーローンとは?住宅購入時と任意売却時
住宅ローンが返済できない!さあ、どうする?
住宅ローンと滞納(延滞)の関係について
住宅ローンが払えないときにすべきこと
住宅ローンを滞納するとある日突然督促状が!

FP(ファイナンシャルプランナー)に無料相談

この記事のように住宅ローンの返済に対する心配事や審査に通るか不安、何から始めていいか分からないという方もご相談ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加