楽天銀行住宅ローンフラット35の諸費用・手数料について

何らかのサービスを利用する場合、各種の費用が発生します。
楽天銀行の住宅ローンフラット35を利用する場合にも同様であり、
支払う必要がある諸費用や手数料がどの程度の金額であるのかついて把握が求められます。

フラット35取扱金融機関

住宅本舗 編集部

住宅本舗 編集部

日本で唯一複数の金融機関に一括で住宅ローンの審査申し込みができる特許を持っている“住宅本舗”が、住宅ローンをはじめとした住宅購入に役立つ情報や世の中の人の傾向をコラム・アンケート記事配信していきます。
また住宅本舗では、住宅ローンの一括審査申し込み以外にも、ファイナンシャル・プランナーによるライフプラン相談サービス、火災保険一括見積もりサービス、また、住宅本舗からの様々な情報をお知らせするメールマガジンもございます。そちらもぜひ合わせてご利用ください。

住宅本舗は1回で最大6銀行まで一括仮審査申込
最大6銀行に住宅ローン一括仮審査申し込み!住宅本舗は約60銀行から一括比較!

楽天銀行の住宅ローンフラット35借り入れ時に必要な諸費用

楽天銀行の住宅ローンフラット35より借り入れを行う場合、各種の諸費用が必要です。
契約において、融資事務のための手数料がかかります。借り入れ額に応じ、一定の割合で料金が算出されます。またさらに、団体信用生命保険特約料の支払いが求められます。
加えて、住宅ローンの契約書作成のために、収入印紙代の出費がかかります。作成する書類の額により、収入印紙の額が異なります。その他、抵当権設定のための登記に税金がかかります。その抵当権設定の登録手続きには司法書士が関わるため、報酬の支払いが必要です。適合証明書発行費用についても諸費用に含まれます。火災保険への加入が求められるため、火災保険料の支払いもあわせて必要です。

楽天銀行の住宅ローンフラット35借り入れ後・繰り上げ返済などの手数料

楽天銀行より住宅ローンフラット35で借り入れを行った後、繰り上げによる返済を行いたい場合には、その旨の申請を行います。
この場合、繰り上げで返済を行う1ヶ月前には、申し出が必要です。その際に、手続きのための手数料は必要がありません。
ただし注意しておくべきであるのは、繰り上げ返済に伴う超過利息の支払いが新たに必要となる場合です。繰り上げの返済日の直前の返済日翌日から、繰り上げの返済日までに利息が発生します。その額の支払いを把握しておかなければなりません。詳細については、住宅ローンフラット35の繰り上げ返済を楽天銀行のスタッフへと申し込む際に、手数料や利息支払いについて相談し説明を受けるのが確実です。

楽天銀行の住宅ローンフラット35条件変更に関わる手数料

楽天銀行の住宅ローンフラット35から資金を借り入れている期間中でも、住宅ローン借り入れの条件を変更することが出来ます。
楽天銀行住宅ローンフラット35はその条件変更にかかる手続きのための手数料がかかりません。そのため、手数料の支払い負担を気にすることなく、条件の変更を申し込みできます。この場合の変更の対象となるのは、払い込み期日の変更や、ボーナス払い月の変更などです。

その他、毎月払い分やボーナス払い分の金額の内訳についても、変更を希望しているのであれば、手数料無しに申し込みができます。
加えて、返済期間を短縮したい場合も、条件変更に該当します。ただし、返済期間の短縮により支払い期間が10年未満になった場合、所得税額控除の対象外となるため注意が必要です。

楽天銀行フラット35の住宅ローン金利一覧ページはこちら
楽天銀行フラット35の住宅ローン【評判・口コミ】はこちら
本当は知ってほしい!楽天銀行のスゴいところ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加