楽天銀行住宅ローンフラット35の担保・保証・保険について

住宅ローンを組む時に、事務手数料や印紙代、火災保険などの諸費用がかかります。
その中でも、保証料の割合は高く、かなりの負担額となります。
楽天銀行の住宅ローンフラット35の特徴は、この保証料が必要ないところにあります。

フラット35取扱金融機関

住宅本舗 編集部

住宅本舗 編集部

日本で唯一複数の金融機関に一括で住宅ローンの審査申し込みができる特許を持っている“住宅本舗”が、住宅ローンをはじめとした住宅購入に役立つ情報や世の中の人の傾向をコラム・アンケート記事配信していきます。
また住宅本舗では、住宅ローンの一括審査申し込み以外にも、ファイナンシャル・プランナーによるライフプラン相談サービス、火災保険一括見積もりサービス、また、住宅本舗からの様々な情報をお知らせするメールマガジンもございます。そちらもぜひ合わせてご利用ください。

楽天銀行住宅ローンフラット35の担保

楽天銀行の住宅ローンフラット35の場合は、住宅ローンの譲受人である住宅金融支援機構が融資の対象である建物およびその敷地に、第1順位の抵当権を設定します。
住宅ローンは返済金額も高額で、期間も長期に渡ることが多いため、万が一返済が滞った場合に備えて債権者である金融機関から債務者に担保が求められます。
担保には、預金や有価証券、不動産などの特定の財産などの物を対象とするものと、保証人や連帯保証人、連帯債務者など債務者以外の人に支払いを保証させるものの2種類があります。これらには抵当権が設定されます。抵当権には順位が設定され、第1順位から優先的に弁済を受けられます。

楽天銀行住宅ローンフラット35の保証料・保証人は必要ない

楽天銀行の住宅ローンフラット35は、保証料も保証人も必要ありません。保証料が無料のため、それだけ負担は少なくて済みます。
通常住宅ローンには多くの諸費用がかかります。事務手数料や印紙代、団信保険料、火災保険料などのうち、特に大きな割合を占めるのが保証料です。住宅ローンは金額も大きく、支払い期間も長期に渡るため、金融機関は回収できなくなるリスクを負うことにもなります。
万が一返済できなくなった時、債務者に代わって返済する連帯保証人の設定を求める金融機関が多くあります。しかし、金額があまりにも高額のためそのような人を見つけるのは困難です。そこで、債務者が保証会社に保証料を支払うことでその役割をになってもらうのです。リスクを負うだけに、一般的に保証料は高めの設定となっています。

楽天銀行住宅ローンフラット35に必要な保険は火災保険と団信

住宅ローンの返済期間は長期にわたります。そのため、返済中に不慮の事故や病気などにより死亡したり高度障害を負い、返済が難しくなる場合も想定されます。楽天銀行の住宅ローンフラット35では、機構団体信用生命保険に加えて、ガン・急性心筋梗塞・脳卒中に対応した3大疾病特約付機構団信、夫婦連生団信(デュエット)が用意されています。特に、夫婦連生団信(デュエット)は、連帯債務者であるご夫婦のどちらか一方の加入者が死亡または高度障害状態になられた場合には、住宅の持分や返済額等にかかわらず、残債務が全額弁済され、ローンの返済義務は残らない制度です。ご夫婦で連帯債務者になっている方は検討してみる価値はあります。
また、ローン返済中に住宅が火災などにより全壊もしくは全焼することも考えられます。住宅は失ってもローンはそのまま返済し続けなければならない場合が多く、新しい住宅の購入費と合わせて二重の返済を抱え込む危険もあります。金融機関としても貸し付け金が回収できない事態は避けたいので、ローン加入時に火災保険への加入を義務付けている所が殆どです。楽天銀行の住宅ローンフラット35でも、住宅金融支援機構の定める要件を満たすものに加入するよう定めています。

楽天銀行フラット35の住宅ローン金利一覧ページはこちら
楽天銀行フラット35の住宅ローン【評判・口コミ】はこちら
本当は知ってほしい!楽天銀行のスゴいところ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加