住信SBIネット銀行(フラット35)住宅ローンの担保・保証・保険について

住信SBIネット銀行(フラット35)住宅ローンの担保や保障、保険については、フラット35が住宅金融支援機構と提携して提供する長期固定金利住宅ローンであることから、本来的に当該機構による制度を備える他、銀行独自の保障も付帯しています。
そこで、今回はその内容に関して両面から紹介します。

フラット35取扱金融機関

住宅本舗 編集部

住宅本舗 編集部

日本で唯一複数の金融機関に一括で住宅ローンの審査申し込みができる特許を持っている“住宅本舗”が、住宅ローンをはじめとした住宅購入に役立つ情報や世の中の人の傾向をコラム・アンケート記事配信していきます。
また住宅本舗では、住宅ローンの一括審査申し込み以外にも、ファイナンシャル・プランナーによるライフプラン相談サービス、火災保険一括見積もりサービス、また、住宅本舗からの様々な情報をお知らせするメールマガジンもございます。そちらもぜひ合わせてご利用ください。

住宅本舗は1回で最大6銀行まで一括仮審査申込
最大6銀行に住宅ローン一括仮審査申し込み!住宅本舗は約60銀行から一括比較!

住信SBIネット銀行(フラット35)住宅ローンの
機構団体信用生命保険特約制度

住信SBIネット銀行(フラット35)住宅ローンに於いて、返済期間中の万が一に備えた保険や保障については、住宅金融支援機構との提携により提供されていることから、本来的に当該機構の団体信用生命保険特約制度が設けられています。
この団体信用生命保険特約制度は、住宅ローンの返済期間中に加入者に万が一の事が起った場合、住宅の持分や返済割合等にかかわらず、その残りのローン全額を弁済できる制度で、加入することが原則となっています。
そして、この特約料については加入者の負担となっており、また個々の健康状態によっては加入できないケースもありますが、ガン・急性心筋梗塞・脳卒中の3大疾病の場合も保障する3大疾病付き機構団信も用意されています。

住信SBIネット銀行(フラット35)住宅ローンの8疾病保障

住信SBIネット銀行(フラット35)住宅ローンには、団体信用生命保険特約制度に加えて、8疾病保証の銀行独自の保険・保障が設けられています。
この独自の保障制度は、ガン・急性心筋梗塞・脳卒中の3大疾病と高血圧症・糖尿病・慢性腎不全・肝硬変・慢性膵炎の5つの重度慢性疾患を広くカバーしています。
そして、これら8疾病により所定の就業不能となった場合には月々のローン返済額が保障され、またその不能状態が12カ月を超えて継続した場合には住宅ローン残高相当額が支払われます。この加入費用は、借り入れ金額の0.5%相当額に消費税が加えられて事務取扱手数料に上乗せされ、また健康状態によっては加入できないケースもありますが、病気による返済の不安をなくすことが可能です。

住信SBIネット銀行(フラット35)住宅ローンの保証料が不要

その他住信SBIネット銀行(フラット35)住宅ローンの保障等の制度には、一般的に他の金融機関では必要となる借り入れ時の保証料や繰り上げ返済時の繰上手数料が不要であることが指摘できます。

その保証料に関しては、通常多くの住宅ローンでは保証会社を利用している為、借り入れ時に保証料が必要となりますが、こちらの住信SBIネット銀行では保証会社を利用しない為、保険料は掛かりません。

また、住信SBIネット銀行(フラット35)の繰り上げ返済時には、ローンの一部または全額を問わず手数料は無料となっており、長期安定したフラット35の中でも柔軟な返済プランを立てることが可能で、保険や保障に加え安心なサポートが図られています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加