楽天銀行住宅ローン金利選択型の諸費用・手数料について

楽天銀行の住宅ローン金利選択型を利用すると諸費用や手数料がかかります。
融資事務手数料など手続きに必要となる費用、抵当権の設定に関わる費用などが必要になります。
実際に住宅ローン金利選択型を利用するときはいくらかかるか確認しておきましょう。

ネット銀行の住宅ローン

住宅本舗 編集部

住宅本舗 編集部

日本で唯一複数の金融機関に一括で住宅ローンの審査申し込みができる特許を持っている“住宅本舗”が、住宅ローンをはじめとした住宅購入に役立つ情報や世の中の人の傾向をコラム・アンケート記事配信していきます。
また住宅本舗では、住宅ローンの一括審査申し込み以外にも、ファイナンシャル・プランナーによるライフプラン相談サービス、火災保険一括見積もりサービス、また、住宅本舗からの様々な情報をお知らせするメールマガジンもございます。そちらもぜひ合わせてご利用ください。

住宅本舗は1回で最大6銀行まで一括仮審査申込
最大6銀行に住宅ローン一括仮審査申し込み!住宅本舗は約60銀行から一括比較!

楽天銀行の住宅ローン金利選択型借り入れ時に必要な諸費用

楽天銀行の住宅ローン金利選択型で借り入れをするときにかかる諸費用には、次のようなものがあります。
契約に関わるものとして融資事務手数料があり、一律324,000円かかります。
住宅ローンを利用するときは団体信用生命保険に加入することが必須ですが、保険料は楽天銀行が負担します。契約書には収入印紙代がかかり、融資金額によって収入印紙代の金額が異なります。
その他必要となる諸費用には、抵当権の設定登記に関わるものがあります。まず登録免許税がかかり、借り入れ金額の0.1%がその金額にあたります。抵当権の設定登記には司法書士が関わるので、司法書士に支払う報酬も必要です。また、ローンの返済が終わるまでの間は火災保険に加入することになるので、火災保険料もかかります。

楽天銀行の住宅ローン金利選択型借り入れ後・繰り上げ返済などの手数料

楽天銀行の住宅ローン金利選択型の借り換え後または繰り上げ返済をするときも、手数料がかかります。このローンへの借り換えを検討している人も確認しておきましょう。
契約に関わるもので、融資事務手数料は先ほどと変わらず一律324,000円となっています。そのほか契約に関しては、団体信用生命保険の保険料は銀行負担、収入印紙代は借り入れ金額によって異なります。
そのほか必要になる費用は、抵当権の設定登記の際に支払います。登録免許税は、借り入れ金額の0.4%と不動産の筆数に1,000円をかけた金額の合計金額となります。設定登記に関わる司法書士への報酬は7万円から9万円程度は必要です。火災保険に加入する必要があるため、火災保険料も支払います。

楽天銀行の住宅ローンつなぎ融資(つなぎローン)にかかる諸費用

楽天銀行の住宅ローン金利選択型での融資までの間に利用できるもので、つなぎローンというものがあります。つなぎ資金として利用できるもので、土地の先行取得や着工金、中間金の融資が受けられます。分割で最大3回まで融資ができるようになっています。

そんなつなぎローンでも、諸費用が必要になります。主に契約に関わるもので、融資事務手数料と収入印紙代がかかります。融資事務手数料は、つなぎローンの場合だと108,000円かかります。融資金額の初回振り込み時または期間延長時に楽天銀行へ支払います。初回融資時は借り入れ金額から差し引かれます。収入印紙代は契約書に貼り付ける収入印紙にかかるものです。借り入れ金額によって収入印紙代が異なり、500万円以下の借り入れなら2,000円かかります。

楽天銀行金利選択型の住宅ローン金利一覧ページはこちら
楽天銀行金利選択型の住宅ローン【評判・口コミ】はこちら
本当は知ってほしい!楽天銀行のスゴいところ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加